【感動】めそめそしてる子を気にかけてくれるトリッピーキッズたち。 | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当アカデミーに来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。


表現力は100倍人生を豊かにします。 

表現が変われば、未来が変わる!

人生の「ここぞ!」に表現力を活かそう!

 

 

大門式表現力アカデミー/ トリッピー表現力教室の大門まきです。

 

 

その人の良いところを見つけて、

それをのばしていく、個別対応のスクールです。

 

 


------------



先日の演劇クラス(小1〜小3)の一コマです。


ある子が、

メソメソして時に、

他の子たちが、近寄ってきて、

「大丈夫?どうしたの?」と、声をかけてくれました。



それでも、その時には、すぐには気分はなおらなかったのですが、

レッスンの途中途中で、

「楽しいよ、一緒にやろうよー」と、

優しいトーンで声をかけてくれたり、


「でも、無理しなくていいよー」と、

その子のペースで参加するといいよ、ということも伝えてくれていました。



トリッピーキッズの子たちは、

本当に優しいなと。



みんなが、心配してくれて、

最終的には、笑顔になっていました。



お互いを気遣えるって、

本当に素敵!


無視しない。



なんとなく、気に留めることをしつつも、

自分は自分でレッスンに参加する、という姿。




自分のことも大事だし、

相手のことも気にかける。



いいバランスだなと。


私の理想だなと思います。