【声】【滑舌】よく勘違いされている。滑舌の良さは舌の動きで決まる。 | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当アカデミーに来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。

「胸を張って生きる」

「表現は手段。ゴールは真の自立」

大門式表現力アカデミーの主催の大門まきです。

 

女優としての経験からくる表現力と、

心理学の理論と、これまでの1000人以上のお子さんへのレッスンなどのデータから、

効果的な手法を取り入れて、表現すること、人生の豊かさを伝えています。

 

最近は、子供だけではなく、大人へのレッスンや、企業研修も増えてきております。

 

コチラのブログでは、

お子さんへの接し方のヒントや、人間関係の悩みのヒントになればと、

レッスンで行っていることや、効果的だったことを、お伝えしていければと思っています(^^)/

 


今日は、

滑舌についてです。



この間も、大人のレッスンで、「知らなかった!」と大きく驚かれました。



滑舌の良さは、舌の動きで決まる!



その方も、一生懸命、表情筋(特に口の周り)を動かされてましたが、、、


ち、違います。



カツカツ喋りたいなら、

一番は、舌を素早く無駄なく、正しい位置に動かすことです。




よくある勘違いで、

口を大きく動かして、喋れば、滑舌が良くなる、というのがあります。



口の開け閉めを大きくすれば、

その分、時間がかかるので、

もったりした喋りになるし、早くは動かないです。



ですが、

口の開け閉めも、必要な要素の一つでは、あります。



だから、ないがしろにするわけではないです。



滑舌が良くなりたいなら、

1.舌

2.口の開け閉め(表情筋)

3.歯の開け閉め


を素早くすることが、必須です。




まずは、各3つの筋トレした方がいいです。



じゃ、どんな練習をしたらいいの?というと、

動画にしてます。

めちゃくちゃ基礎なので、まずはここから!

https://youtu.be/-9hPMhxlBfo




ブログでも書いてるので、良かったら、

そちらを見てみてください^_^


これは、滑舌より声って感じですけど。

https://ameblo.jp/trippi-kids/entry-12569674256.html?frm=theme



舌のトレーニング方法も、動画をアップしてもいいかもしれないですね。







【表現力を鍛えたい!】

・挨拶
・会話

・返答

・初対面

・言葉遣い
・自分の意見、気持ち
・友達づきあい
・コミュニケーション力

 ★体験レッスン、マンツーマンレッスンを随時行っております。

 

▼予約先、お問い合わせ先はこちらです。

https://trippi-kids.com/apply/

 


子供から大人までレッスン可能。

小学校受験対策からビジネス、発達サポートまで。

その方の個性に合わせた、マンツーマンレッスンで、自身の能力を引き出し、自信をつけていきましょう!