【言葉がけ】【自主性】相手に委ねてみると、思う結果が出やすいこともあります。 | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当アカデミーに来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。

「胸を張って生きる」

「表現は手段。ゴールは真の自立」

大門式表現力アカデミーの主催の大門まきです。

 

女優としての経験からくる表現力と、

心理学の理論と、これまでの1000人以上のお子さんへのレッスンなどのデータから、

効果的な手法を取り入れて、表現すること、人生の豊かさを伝えています。

 

最近は、子供だけではなく、大人へのレッスンや、企業研修も増えてきております。

 

コチラのブログでは、

お子さんへの接し方のヒントや、人間関係の悩みのヒントになればと、

レッスンで行っていることや、効果的だったことを、お伝えしていければと思っています(^^)/

 


昨日も年中さんのマンツーマンレッスンで、

こんなことがありました。



私としては、

ボイトレのプログラムをやってほしい。


けれど、

ボイトレのプログラムは、単調なため、

好みが分かれるプログラムです。


その子は、あまりやりたくないプログラムです。



そんな時の私の言い方です。



「ねぇねぇ、今から、大きい声を出す練習したいんだけどいいかな?」



それを聞いて年中さんは、「、、、。」



続けて、私が、

「あ、別にやってもいいし、やらなくてもいいんだ(^^)〇〇ちゃんの好きにしていいよ。」



と言いました。



年中さんは、少し考えて、

「やろっかな」


と言いました。




結局、ボイトレレッスンができたのでした(^。^)




相手に考える時間を与えることと、

自主性を重んじたことにより、

選択することができ、自主的に行うことに繋がりました。



言い方ひとつで、相手の行動が変わることもあります。


とても面白いですよね!




ちなみに、ボイトレをすると、

声帯を効率的に鳴らすことができるようになりますし、声帯が強くもなります。


普段、声が弱くても、ボイトレレッスンをすることで、少しずつ、鳴りやすい声帯を作ることができ、結果、聞き取りやすい声で話すことができるようになります!








●大門式表現力アカデミーでは、

モチベーションを上げていく方法、表現力などをお伝えしていきます。

 

自分の思い描いた、自分を表現していくための、

表現力をレッスンしていきます。

 

各シーンに特化したコースを用意しています。

 

・表現力ベーシックコース

・表現力アドバンスコース

・子育てコース

・ビジネスマンコース

・大門式表現力アカデミーの講師コース

 

 

気になる方は、体験会へお越しください^_^

 

 

・2月26日水曜18時30分

・3月13日金曜10時30分

・3月25日水曜18時30分

 

場所は、代官山駅徒歩8分。トリッピー表現力教室。

 

各回定員10名まで。

 

各回60分。

 

参加費3000円。

 

お申込みは、https://trippi-kids.com/apply/

から。