【HSC】【繊細な子】【対策】感情コントロールを学ぼう。私もです!! | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当教室に来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。

「胸を張って生きる」

「表現は手段。ゴールは真の自立」

 

これまで1000人以上の親子のみなさんの子育て相談と、それに対してのマンツーマンレッスンプログラムを考えて、提供してきました。

 

いじめられっ子、通常学級だけどなんか気になる子、クラスで浮いている子、

お友達に自分の意見が言えない子、

コミュニケーションが苦手な人たちが、

良い方向に成長してくれて、

嬉しい毎日を過ごさせてもらっています。

 

トリッピー表現力教室の大門まきです。

 

 

 

ハイリーセンシティブパーソン、チャイルドの子たちは、

感受性が高く、

他の方がゲットできないような情報を、

自身の繊細なセンサーでキャッチしています^_^

 

 

便利だなーと思うけれど、

「しんどいなー」と感じることもあります。

 

 

良い方向に考えると、

情報がキャッチできる分、

先読みをして、危険を回避する行動が取れたり、

その人が希望している行動を取ることができるので、人を喜ばせることができる。

 

 

けれど、

他人に合わせることばかりをしていると、

「本当の私とは?」と、

悩んだり、疲れたりします。

 

 

20代の頃は、まさに、こんな感じで悩んでました。

 

本当の私が、わからなくなったんです。

 

 

 

 

しかも、

共感力と感受性が相まって、

映画とか本とか読むと、

ぐわーっと涙が出たりして、

周りの人が心配するくらいしゃくりあげる。

 

呼吸困難気味になるし、

目もものすごく腫れます!

 

他者の気持ちを想像し、体感できるから、

こんな風に、しゃくりあげるくらい、

同調して涙が出るんですよね。

 

 

これを、毎回やってると、

体力と心が、ちょっとしんどいです。

 

 

じゃ、どうするの?!

 

 

というと、

 

 

感情のコントロール、受け取る量のコントロールをするんです。

 

それと、

「自分は自分!」と、自分を強く持つこと。

他人は他人!

自分は自分!

違って当たり前!

相手が怒っても仕方ない!

 

と、強く、自分を持つこと。

 

 

 

そうすれば、

周りの情報を全部ゲットしなくなり、

ゲットしたとしても、

これは他者の気持ちか、自分の気持ちかを選別することができる。

 

 

だから、

 

ハイリーセンシティブパーソン・チルドレンの人たちは、

日々、大変なのだけど、

コントロールする練習をしよう^_^

 

 

 

私も、ハイリーセンシティブパーソンの気質が強いため、

若い頃は、自分の意思か他者の意思か分からず、

惑わされ気味だったし、

他者に合わせて、波風立たせずいることが良し、と思っていたが、

 

それをやり過ぎると、

 

自分がおかしくなる!

 

 

それに気づいてからは、

トレーニング!!!

 

 

おかげさまで、

私の場合は、

演劇というものがあり、女優という仕事があったので、

感情の出し引きのトレーニングをする場が、

身近にあったので、

ラッキーでした!!!

 

 

これから、

大門式表現力アカデミーでは、

こんな内面のトレーニングも、行っていきます!

 

 

ハイリーセンシティブパーソン・チャイルドは、

とても素敵な気質です。

 

この気質をコントロールすることができれば、

日常に活かせて、

コミュニケーション上手になるんです!

 

 

ぜひ、自信を持ってほしい(^^)

 

 

 

というわけで、

5月16日土曜より、大門式表現力アカデミーを開校しますので、

感情コントロールに悩んでいたり、

自身がハイリーセンシティブパーソン(人一倍敏感な人)と感じたら、

レッスンに来てください。