【形容詞を増やそう】【たくさん話せる子】親御さんの言葉がけ | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当教室に来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。

「表現は手段。ゴールは真の自立」

これまで1000人以上の子育て相談を受け、

それに対する悩みから、心のトレーニングや、伝えるスキルを

子供から大人の生徒さんに、レッスンしてきました。

 

トリッピー表現力教室の大門まきです。

 


さて、

トリッピー表現力教室に来る親御さんに、

「沢山話せるようになりたい」


という方がいらっしゃいます。




その「沢山」というのは、


・長文で話す


・語彙を豊富に使う



というのがあると思います。



今回は、

「語彙を豊富に使う」というのをお伝えしますね^_^




語彙を豊富に使うには、


・擬音語擬態語


・形容詞




なんかを、使えると、よりディテールの細かい話ができるようになります。



そのためには、



「どんな色なの?」

「どんな形なの?」


「どんな匂い?」


という風に、さまざまな要素の言葉で、


ものや、事象が、様々な分野から構成されてるか?を見る視点を、

身につけてもらうことが、

第一歩かと。



子供の中には、

大人がつかう言葉から推測して、

単語の意味を理解する子もいますが、


それができない子もいます。



その場合は、


こちら側が、意図的に、

質問をして、こんな見方もあるし、こんな言葉があるんだよーと伝えてあげる必要がある。



そのためにも、



細かく具体的な質問にして、

子供に聞いてみる。



りんごがあったら、



「どんな色?」


大抵は「赤」しか言わないので、


「そうだよね、赤いのね。でも、よく見て、ほかの色もあると思わない?」と言って、ほかの色も、言語化してもらう。



次は、

「どんな形?」


たいていは「丸」しか言わないので、


「そうだよね。丸いよね。でもよく見たら、右側の方がちょっと大きいかも。」

「こちらから見ると、ハート形かも?!」とか。



次は、「どんな匂い」 

や、


「どんな触りごこち?」

や、


「どんな味?」

や、


「どこから来たの?」


などなど、、、

創造性の高い質問も、面白い^_^


(この時、子供の答えを否定しないでね。一生懸命考えて、言葉にしてくれたから)




この時、形容詞や擬音語擬態語が、

沢山出てくるはず。


出て来なければ、親御さんが教えてあげてください(^^)



語彙は増やすもの。




サポートによって、

子供の発達は促せる。


子供の心をゆたかに。

 



【子育て相談はありませんか?】

・挨拶がでいない

・すぐに「わからない」と言う

・初対面でもじもじする

・小学校受験での、行動観察が心配

・小学校受験の面接で、沢山話してほしい

・自分の意見を言わない

・自分から友達に話しかけない

・コミュニケーション力を向上させたい

 

小学校受験のマンツーマンの体験レッスンも、随時行っております。

 

 

当教室は基本的には、

マンツーマンですので、

生徒数に限りがあります。

 

 

先着順になります。

 

 

🌟小学校受験クラスのホームページなのですが、

こちらの方が、見やすいと思うので、

貼り付けておきますねー!

https://peraichi.com/landing_pages/view/trippi-class