【自分の意見を言わない】【親の接し方アドバイス】子供の気持ちと言葉を引き出す方法。 | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

【表現力は手段。ゴールは真の自立】トリッピー表現力教室

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当教室に来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。

「胸を張って生きる」

 

「表現は手段。ゴールは真の自立」

 

これまで1000人以上の子育て相談を受け、

表現力&コミュニケーションのマンツーマンプログラムを考えて、

実践してきました。

 

トリッピー表現力教室の大門まきです。

 

 

さて、

本日は、小学校受験の準備をすることで、

だんだん、甘えん坊になってしまった、というご相談です。

 

 

そうなのですよね。。。

 

最初は自分でいろいろとやっていたのに、

 

受験の準備が強烈になればなるほど、

 

その日のタイムスケジュール(塾や体操など)のスケジュールを、

親御さんが決めて、

子供の気持ちは置いといて、塾や習い事のほうが大事だから、、、と、

そちらを優先していたら、

 

だんだんと、

子供は、

「自分の考えは、聞いてもらえないんだ。じゃ、言っても無駄だな、、、」

というところから、

 

「全部、お母さんが決めるんだもんな。。。」

 

 

「決めてもらっているから、考えなくていいや」

 

 

「自分の意志で決めなくていいって、楽だな」

 

 

という思考へ。。。

 

 

ぎゃ~~~~!

 

 

それは、怖いー。

 

自立を妨げている。

 

 

人生において、自分で、選択することで、

精神的にも、経済的にも「自立」するのだ!!

 

 

確かに、自分で決めて、選択して、行動するって、

 

本当に、ほんとうに、めっちゃ大変なのだよ!!!!!

 

自分も、過去、それがつらくて、つらくて誰か助けて~!って、思っていた時期が、

20代の若い時にあって、

自分に自信がなくて、日々がつらかったことがあります。

 

でも、「あ、自分で決めて、自分でやるしかないんだ」って、気づいてからは、

苦しくても、自分でもがいて、もがいて頑張ろう!って思った。

 

 

だから、

この子も、

 

これから、苦しいし、大変だけど、

 

自分のやりたいことは、何かを、自分に問うて、

自分で決めて、それを言葉にして、親御さんに伝えて、

行動して、継続して、、、、

 

をしていくしかないんだよ。

 

 

で、今までの受験準備期間で、

出来上がってしまった「お母さん、決めて~」の思考は、

なかなか取れないし、

 

急に、

 

お母さんが「全部、これからは自分で決めなさい。私は何も言いません!」って、

手をぷっつり放すと、

 

子供は「え?なんで、急に?嫌いになっちゃったの?昨日までは、私のこと、全部お母さんが決めてたのに、なんで!?」

「意味、分かんないよ」

 

って、なっちゃいます。

 

 

それは、可愛そう(涙)

 

大人側の都合で、振り回してるってことに、、、

 

 

だから、

この状況に気づいたら、

 

 

少しずつ、子供への質問で、選択肢を与えてあげてください。

 

 

まずは、些細な日常の簡単なところから。

 

 

「お昼ごはん、おにぎりと、サンドイッチ、どっちにする?」

 

とか

 

「今日の夕方、Aスーパーに行く?Bスーパーに行く?それともCスーパー?」

 

 

とか。。。。

 

 

2択か、3択だと、最初は、答えが出しやすいです。

 

 

最初から

「今日の夕方、どこに行く?」

という、答えが何通りもあるような質問だと、

 

答えの選択肢が広すぎて、

「なんでもいい」「わかんない」「お母さん決めて」

という言葉になりやすいです。

 

 

 

で、次がすごく大事なのだけど、

 

 

子供が「Aスーパーに行く」って言ったら、

それは、有言実行してください!!!

 

子供に選択させたことは、親御さんが実行することで、

 

子供は、

「言ったことが、現実になるんだ!」と認識して、

 

自分の気持ちが叶ったことを、快感に感じ、

伝えたことが現実になる気持ちよさを学びます。

 

 

その回数を増やしていってほしいのです。

 

 

そういう経験を重ねて、

最初は、質問2択から、徐々に徐々に、質問の仕方を、2択&漠然な質問を織り交ぜていき、

最終的に、漠然とした質問をしても、

自分の意思で、「今日の夕方は、Eスーパーに行きたいな」と、自分の意見を、

言い始める。

 

 

 

せっかく、子供が自分の意見を言ってくれたので、

それは行動して、現実にしてあげてください。

 

行動まですることで、この「自立心を育てる接し方」は完了します。

 

 

子供の「がっかり感」がたまっていくので、

できる限り、

子供と約束をしたことは、守ってあげてほしい。(←これ、私からの切なる願いです)

 

 

 

 

image

 

 

 

【来年2020年に小学校受験する方のご相談はありませんか?】

 

もし、気になることがあれば、

メールでご相談ください^_^

 

 

あとは、小学校受験のマンツーマンの体験レッスンも、随時行っております。

 

 

当教室は基本的には、

マンツーマンですので、

生徒数に限りがあります。

 

 

先着順になります。

 

 

🌟小学校受験クラスのホームページなのですが、

こちらの方が、見やすいと思うので、

貼り付けておきますねー!

https://peraichi.com/landing_pages/view/trippi-class