母音の口の形。先日、YouTubeレッスン第二弾を撮影しました。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「胸を張って生きる」
「表現は手段。ゴールは真の自立」

人間本来の能力を、演劇と俳優教育を通して、取り戻す。
トリッピー表現力教室の大門まきです。


さて、
先日、YouTubeレッスン動画第二弾を撮影しました(^^)


第一回目(身体表現・生徒は森慶成)

第一回目(ボイトレ・生徒は牧野好)



今回は、ロシア国立演劇大学で5年学んでいた、横尾圭亮くんに、身体表現のレッスン講師をお願いしました!


私は、ボイトレのレッスン講師を担当しています。

第二回のボイトレレッスンの内容は、
基本の母音の口の形について、です。

「あ」は、縦の口。
「お」は、「あ」よりもすぼまった縦の口。
「う」は、前に突き出す口。タコの口。
「え」は、口角斜め45度に上げる。笑顔の「え」。
「い」は、「え」よりも口角斜め45度。


注意点としては、
「あ」の時には、人差し指を「1」って立てて、
第二関節までを口に入れて、上の前歯に当てる。

そうすると、自分の持ってる口腔内や骨格の条件で、一番響く口腔内になるし、
舌の位置も割と良くなるからです。
これが、基本です。


他の母音にもそれぞれに、注意してほしい点があるので、それはまた後日に(^^)


YouTubeレッスンは、
毎回10分程度で、見ている方も、一緒にレッスンをしてもらえるようなイメージで行なっています。

出来上がったら、ぜひ見てみてください。

滑舌や自分の声に自信がない方、
必見です!


動画の出来上がりが楽しみですね(^^)