子供に遊ぶ時間を作るご家庭ほど、伸びている!小学校受験のこの時期の過ごし方 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「胸を張って生きる」
「表現は手段。ゴールは真の自立」

子供と大人のコミュニケーション力向上のためのスクール。
トリッピー表現力教室です。


さて、
夏休み真っ盛りですね!
どんな風にお過ごしですか?


小学校受験のお子さんは、夏期講習などで、頑張ってらっしゃると思います。

勉強が好き!とか、
予定がいっぱいの方がやる気が出る!という子は、夏期講習や自宅学習で、予定を組んで、
お子さんの学力を上げることは、望ましいと思います。

が、

大抵のお子さんは、
本音(遊びたいな〜、とか。自分の意見を言わないうちに何を感じてるのかもわからない状態で、親御さんに何も言わないという状態も)があります。


毎年見てて感じるのは、

詰め込んで、遊ぶ時間がない子は、
表情が固いし、イキイキしなくなる。


なので、
親御さんに「遊んでください」「勉強も大事だけど、この状態はキャパオーバーです!」
と伝えて、
それを信じて、実行してくれる親御さんは、
次のときに会ったら、
「教えていただいて、良かったです!子供がイキイキしました!」とおっしゃってくださる。


この、本来のイキイキした姿を、
学校の先生に見て貰った方が、
私は良い結果に結びつくと思います。

実際、過去の実績を見ても、そうです。


詰め混み過ぎると、
自分で考えられなくなっちゃうし、
頭の回転も遅くなるし、
プレッシャーになるし、、、

いいことない。


で、気が緩みすぎて、度がすぎる行動が見えたら、
それは叱ればいいことだし。
「これはやりすぎ。ふざけない!」というライン引きが親御さんにできれば、大丈夫。



伸び悩んでる親御さんは、
自分の意志で、決定して、
この方法を取り入れるのも、アリかと思います!


何事も決めるのは、自分!!!