推薦状を書く。冷静に考える。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「胸を張って生きる」
「表現は、手段。ゴールは真の自立。」

大人と子供の生きる力「人間力」を高めるためのスクール。
トリッピー表現力教室です。



さて、
最近、舞台「ゴミが見える!」で忙しかったのですが、
それに加えて、この時期は、
小学校受験の生徒さんのレッスンも立て込みます。

すでに、来年受験の生徒さんもちらほら入会が始まり、
10月末までは、慌ただしく過ごすことになるだろうな、と予想しています。


それに加えて、
小学校へお渡しするための推薦状も、
書いています!

昨年は、依頼の話だけで終わっだのですが、
今年は、実際に書くところに発展しています。


大事な大事な推薦状なので、
ものすごく考えないと、、、


というわけで、
生徒の子のことを、いろんな場面で思い返してみた。

すると、入会したての頃と、今では、全く様子が違って、
お姉さんらしくなったことを、実感し、嬉しくなる(^ω^)じーん。


だんだん、割り切りができ、積極的になり、
ステージでも、楽しそうにダンスをしたり、歌を歌ったりできるようになったなー。

老人福祉施設さんに行ったときには、
交流をしていたなー。

と、
思い出すと、しみじみ。


本当に、自発的に動くようになりました。

とても素敵な子に成長したこと、
受験する小学校で、より輝く存在になるであろうことも、しっかり書かせていただきました!


学校案内もよく読み、
小学校の特徴を知る勉強にもなりました。


きっかけをもらい、ありがたいことです🤩