職業探求フォーラムで、特別支援学級の子たちに、女優の仕事を伝える。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「胸を張って、生きる〜表現は手段。ゴールは真の自立〜」

子供と大人の表現力とコミュニケーションのスクール。
トリッピー表現力教室です。



さて、
前回の記事と同じく、
職業探求フォーラムの記事です。

前回は、中一年生でしたけど、
今回の記事は、特別支援学級の子たちに伝えたことです。


とにかく、ピュアで、素直〜。
めちゃめちゃ楽しいー!


思ってることや感じたことが、すぐに、表情に出るところが、とても、可愛いです。


どのくらいの特別さかが、わからなかったので、何があってもいいように、
今回は、紙芝居形式になるように、
フリップを、作って行きました。


私の信条は、
「子供に、つまんない、と言わせない」
なので、
相手が誰であれ、力を全て注いで、
楽しかった!とか、なんか心に残った!とか、
持ち帰ってほしいのです。


この辺り、演劇人っぽいなーと、思います。


芝居を見て、なんでもいいから、
自分なりに感じて、心に引っかかってほしい、という想い。



この特別支援学級の子たちには、
やはり、「働くって?」ということを、
大きなテーマの定義を自分なりに持った上で、
話を聞いてほしかったので、
最初に、みんなで、「こんなイメージかなぁ?」「何になりたいの?」「お父さん、働いてる?」とか身近なことで、「働く」を、それぞれ認識してもらいました。

そのあとで、
フリップを使いつつ、

「働いて、得られるもの」は、
「お金」と「笑顔」。

だから、
「働く」=「人に喜んでもらうこと」

と、定義しました。


「お小遣いもらってる?」「お小遣いで何買うの?」「お年玉はどうしてるの?」などと、
お金のことや使い道を、みんなと共有していくことで、
欲しいものや買いたいものが、具体的にイメージできて、
ワクワクしてきます!!


今回のみんなもそうでした♩

ゲームが欲しいし、
お年玉は、貯金してるそうです。
堅実な子が多かった。
でも、高額なパソコンのソフトを買いたいから貯めてるって子も。


そのあと、
女優の仕事に焦点を当て、

女優(俳優)はどうやって、お金を稼ぐのか?ということを、
絵を見せて伝え、お金の流れを理解してもらい、
そのあと、みんなには、お客さん役になってもらい、
チケットを買うという、アドリブ芝居をやってもらいました。


チケットとお金も、もちろん、作って行きました。
何か道具があると、その気になれるし、
面白い装置になるからです!


そのあとは、
俳優の演技体験を、みんなにやってもらいました。

私が作った、ちょっとセリフがあるので、
それを黒板に貼り、覚えなくてもいいという安心感を与え、
みんなで、最初に全部のセリフを声に出して読んで、言葉の確認をしました。


今日参加してくれて子たちは、
セリフの中で、「え?ちょっと変だよね、このセリフ」ってことに気づいてくれました!


そうなのです!

わざと、「え?」と、
引っかかるようにしてあるの!!

それが、演劇的だから!!!!


そして、最後の「、、、、、」が、
自分なりの感じたことを、どう表現するかで、
お客さんに伝わる内容が変わってくるのよ!!!!


と、伝えました。


すると、
みんな、率先的にやってくれて、
段階を経て、少しずつ演出をつけていくと、
みんな、見事に、
映画の1シーンのような雰囲気が出来上がりましたーーー!!!!


みんな、
初めての、本格的な演劇なのに、

演出をつける度に、スイスイやってくれるし、
自分なりの表現を入れてくる子もいたり、
見てる子も、面白らしく、ニヤニヤしていたり、、、
とても新鮮だったようです(^^)


で、最後に、発表ということで、
その場にいらした皆さんや先生にも見ていただき、沢山の拍手をもらいました!


コミュニケーションのルールとして、
・見終わったら、拍手をすること
・終わった後、感想を伝えることは、あなたに興味がありますよ、ってことが伝わることだから、言ってあげると、相手は嬉しくなるよってこと

を、最後に伝えました。


今回は、相手に、感想を伝えることはできませんでしたが、
これも継続していけば、言えそうだなーと思いながら、終わりました!


とにかく、
みんな、素直なので、笑いが絶えない(^^)
面白いと思ったら、すぐ笑ってくれるし、気になることがあれば、すぐ言葉にしてくれる。

そして、私も、めちゃめちゃ笑いました。

おかげさまで、
その場にいた全員が、穏やかで、幸せな気持ちになっていたかと思います。



あとで、
担任の先生が、「音楽の時間に、歌ったりしないから、セリフは無理だと思ったのに、みんな、楽しそうにやっていたから、びっくりしましたー!」
とおっしゃっていました!


今やってることは面白そうだぞ♩
話してる人は、面白いし、ぼくたちの味方だ♩

と、最初の段階で、感じ取ってもらい、
心が緩んでいたら、
やってくれるんです^ - ^


無理やりやらせるのは、好きじゃないから、
こうやって、平和的に、事が進む方法を取っています。


今日の彼らの中に、何か残ってくれてたら、いいなーと願うばかりです。