映像「みなさん、応援してください」と、私が応援する理由。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「胸を張って生きる〜表現は手段。ゴールは真の自立〜」

トリッピー表現力教室です。

早いもので、ゴールデンウィークも、もう半ばに入りました。
トリッピー表現力教室もお休みですが、
あっという間に、お休みが終わりそうです。


さて、
今日は、
トリッピー表現力教室の演劇クラスの子どもたちが主体となって活動してる、
舞台「ゴミが見える」子ども実行委員会からの、
応援してね、の動画がありますので、
こちらにリンクを貼らせていただきます。


私も、
応援代表として、子どもたちを手伝っています。

1分程度ですので、
もし、お時間あれば、ご覧になっていただけると嬉しいです。

音楽が付いてますので、音量にはお気をつけください^_^



彼らには、
裏方さんの種類と大まかな人数と予算を伝えております。

私が、演劇集団円や、個人でお芝居をやってきた経験の中で必要になることを概算で出しました。

関わっていただく裏方さんや俳優さんたちにも、
応援していただく形で、お手伝いいただくことになるかと。

俳優さんの出演交渉もですが、
これから、裏方さんのお手伝い交渉も、
彼らが行います。


こうやって、大人になる時に必要になるであろう能力を、
今、予行練習している感じです。


私自身が、社会に出てから、
全くもって、こういった力がないですし、
無知でしたし、常識がなくて、すごく困りました。


「なんで、教えてくれなかったのー!」って、
20歳の時に思いましたから。
そのあと、社会の常識を理解するのに、時間がかかったかかった(苦笑)

もう少し早く知りたかった、社会のこと!!

という思いが強いので、
子どもたちには、今のうちから、
実社会と関わる体験をしてほしいな、と思い、
そんな場の提供という意味でも、
応援しています。



それと、単純に、
思ってることが、現実になるって、
面白いよね!


それを子どもたちに体験させてあげたいってのと、
私自身が、楽しいから応援してます。


「それは、無理だよ」とか
「それは、難しいでしょ」とかっていう言葉より、
「それ、楽しいね」とか
「まず、やってみよ」っていう言葉の方が好きだし、
行動してみるのが好きだから。


口だけより、行動にも起こすことで、
仲間が付いてくるし、
応援してくれる人も増えてくる。

経験上、そうかな。


子どもたちに、私の姿を見せて、
「こんな風に人生を楽しんでる大人がいる」
「全力で応援してくれる人がいる」
ってことを、うっすらでも感じてくれるといいなーと、思います♩


そのあと、
自分で、好きな道を見つけて、
バリバリやっていける人になりますように。


それが、トリッピーの目指す、自立。

高3の子と、大卒の子が、メールで出演交渉中。

2019年3月に、シーンを抜粋して上演しました。

演劇レッスン中。スタニスラフキーシステムのメソッドを使うこともあります。

妖怪「ごすけ」のかぶりものを作ってもらい、喜ぶメンバー!

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ