表現力/小学校受験クラスの体験レッスン成長へ繋がるエクササイズ⑦〜“文で話してみよう”〜 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

表現力/小学校受験クラスの体験レッスン
成長へ繋がるエクササイズ⑦

▽文で話してみよう…きちんとした文章表現で伝えてみる

ある絵本を見てもらって

「これって今何やってるところ?」

と質問をします。

間違っても良いので、とにかく

言ってもらいます。

一つのねらいは、お子さんが絵の内容について、

どこまで細かいところまでみることができているかを

確認することです。

さらに、質問への答え方を通して

“文”を作ることを学んでいきます。

 

たとえば、その場面が

『リスが何かをくわえているところ』

だとすると

最初は、多くのお子さんは、

「くわえてる〜」

 とか

「食べてる〜」

というように、単語で言ってくれます。

そこで

「“リスさんが”って最初につけて言える?」

主語を加えてもらったり、

さらに

「最後に“です”ってつけて言える?」

というように、

“文章”の形で言う練習をしてもらいます。

そこで、できたことを認めてあげながら、

楽しんで“文章”を作ってもらいます。

すると、

“喋るのが楽しい”

“一緒に居るのが楽しい”

になっていきます。

さらに、“文章らしく”をめざして、

“固有名詞”や“時間の概念”を持てているか?

を確認しながら、

目に見えているものだけでなく、

頭に見えている絵(イメージ)も

文章化していってもらいます。

頭の中のイメージを説明するとき、

その説明内容は、お子さんにとって長くなります。

お子さんにとっては、それをどうやって

言葉にしたら良いのかは難しいところです。

それを敢えて楽しみながら文章化してもらうことで

文章表現の力を身につけていきます。

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ