表現力/小学校受験クラスの体験レッスン成長へ繋がるエク④〜“気づいたことをたくさん言ってみよう” | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

表現力/小学校受験クラスの体験レッスン
成長へ繋がるエクササイズ④

▽“気づいたことをたくさん言ってみよう”
 …ものをとらえる力、創造力、記憶力(憶えていることを使う力)を育てます

写真を見てもらって「気づいたことを教えてください」と、

子供が思いつくままに“気づいたこと”を話してもらいます。

トリッピーのレッスンでは、五感を使って学びます。

その中でも、特に “ものを見る”力を育てていきます。

なぜなら、学校生活、社会生活では、

“見えるもの”からの情報を扱うことが多いので、

“ものを見る”という力が重要になります。

さらに、実はものの見方にも、一人一人に

特徴があります。

ある写真を見せたとき、

その細かい点が気になる子と、

それほど気にならない子がいます。

例えば、“ウサギの写真”を見せると、

細かく(細部)を見る子は、

「耳が三角で、背中が茶色くなっていて、

 それで、尻尾は丸いし…」

というように、写真の中のものの特徴を

詳細に話してくれます。しっかりとものを

“見る”ことができているようです。

全体的に(なんとなく/ぼんやりと)見る子

とっては

「う〜ん、わかんない」

というように、見えているものからの“情報に

文字通りピントを合わせることに慣れていないことが

分かります。

講師はここからどんな風に

“ものを見る”力を育てていけば良いかを

見つけていきます。

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ