表現力/小学校受験クラスの体験レッスン成長へ繋がるエクササイズ③〜“声を出してみよう” | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

表現力/小学校受験クラスの体験レッスン
成長へ繋がるエクササイズ③

▽“声を出してみよう”

“遠”く離れて“大きな”声で発声をする/してもらう、

「走って、走って、こっち、こっち!!」と

“近”づいて“ひそひそ(小さな)声”で

発声をする/してもらうというように、

声の音量を、“目で見える”化をして

それを体験してもらいます。

このエクササイズでは、声を出す筋群(声帯、表情筋、舌)の

今の状態を確認します。

そしてそれと同時にそれらの筋群も鍛えてもらいます。

さらに、一人一人の子が、得意にしている

感覚器官(視覚、聴覚、体の感覚など)を

発見していきます。

その子が優位に使っているのが、

見ること(視覚)なのか、聞くこと(聴覚)なのかと

いうようなその子にとって気づきやすく、

理解しやすい五感も発見します。

…丁度、利き手の右利き、左利きのように、

 私達の五感の使い方にも、

 使い慣れた(得意な)優先される感覚器官

 あります。相手の受け取りやすい感覚器官を

 知ってコミュニケーションをすると、

 理解してもらいやすくなります。

そしてこのエクササイズの中で、

さらに専門的なレベルで、今その子の

「声を出すのに必要な筋肉」「発音」「聴覚」に

ついても把握します。

さらには、幼稚語や、構音障害の改善も行います。

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ