小学校受験を終えて…。子どもたちの成長は涙なくしては語れません(涙)大きな器の子じゃ… | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

「こどもの心を ゆたかに」

 

自立することを目標に、こどもも大人も通う、

表現する心と、技術を身に付ける教室、

トリッピーです。

 

さて、

小学校受験も、ひと段落し、

今は、国立の試験に向けて、準備をしてる子がちらほらいる、

トリッピーキッズたちです。

 

けれど、すでに、私立の小学校受験が終った子もいて、

そういう子の中で、今回ご紹介したいお子さんがいます。

 

以下、お母さんから、掲載許可をいただき、こちらに記載をさせていただきます。

 

まき先生

こんばんは。
本日●●小学校の試験がおわりました。
今日の出来は本人は何も語りません…。
ペーパーも難易度高く、行動観察、自由遊びは
ちょっと困った子とグループになってしまったようでした。帰宅後は大きな声で主人と戦いごっこをして発散していました。

夜にペーパーや問題集を片付けていると
ソファでみていた●●が、私の前まできて
言いたいことがある、と。
気をつけの姿勢で 

ママも一年間よく頑張ったね、ありがとう。
次は妹のために頑張ってあげてね、

と言ってくれました。母は号泣でした。。
本人の第一希望、再挑戦でこれで試験は全部終了ということは自分で理解して臨みました。
希望を持っているものの、思い通りにはならないことがあること、結果の可能性について彼なりに整理して出た言葉だと思います。
今日まで●●は自分の意志で目標持ってやってくれました。親は応援していただけですが、ここまで強く成長したこの言葉だけで十分です。●日発表ですが、あまり期待せずに待ちます。

結果はどうでも、●●小学校が待ってくれているので
明日からは一年生の準備を楽しんでいきたいとおもいます。
11月はトリッピーお休みしようと思っていましたが、●●からは行きたいとリクエストがありました。発散したいのだとおもいますが

 

 

以上です。

 

これを読んだとき、

「●●くーーーん!!!なんて、良い子なんだーー!!!」

と、叫んでいました。

 

他の先生にも共有したら、同じような反応でした!

 

今までの、ご家庭での子育てが本当に素晴らしかったのだと思います。

本当に素敵です!!

 

いつも、ニコニコして、

お子さんの気持ちも尊重しつつ、やらないといけないことがあれば、

それをそっと後押ししてらっしゃる親御さん。

本当に素敵なご家族です。

だからこそ、このような、お子さんの言動だったのではないかと推測します。

 

 

 

そして、このメールをいただく前にも、このようなメールもいただいておりました。

 

まき先生

こんばんは。
●●小学校、合格しました!

今回は、じゃんけんの結果による指示行動や
乗り物の真似、先生と時間が来るまでしりとり、
パズル、表情の顔が描いたカードを引いて
どんな時にこの顔になるか?などの出題がされたようです。

動物や乗り物の真似などの表現は、●●(生徒さんの名前)のをみんなが真似するから嫌だった…など言っていましたが、表現の瞬発力や他の子と違うことをするのは違いがでますね。
お教室で課題としてやった時に見ていましたが
全然違いました。。

得意なことが出題されて良かったです。
夏頃の●●(お子さんの名前)を思うと、本当に成長させて下さいました。本当にありがとうございました。

またご連絡いたします。
取り急ぎ、ご連絡とお礼まで。

 

以上です。

 

 

試験の前には、このような、

身体表現や、柔軟に対応する力、自立心(ほかの子の動きは関係なく、自分の動きをしていく)が、

成長したことを、

ご報告いただきました。

 

試験でも、これまでトリッピーで蓄積してきた、表現のスキルと、

自分は自分でいい!というマインドをしっかりと持って、

いつもように、楽しんで、試験に参加できたんだろ言うな~と、

想像ができました。

 

 

試験の練習は、

厳しくやるよりも、楽しくやり、その姿が当たり前となっていれば、

試験でも、いつもの通りの姿が表出され、

「試験用」みたいな作られた姿勢は必要ないんじゃないかなー、と私個人的には思っています。

 

今回の、この子と、トリッピーのやり方も、ぴったり合った!というのも、

よく伸びた、という要因にもなるとは思います。

 

相性ってありますもんね。

 

ただ、私としては、厳しいときもありますが、

基本は、学びは楽しむものだと考えているので、

小学校受験の準備は、難しくないし、固くなりすぎない方が良いんじゃないかなと思います。

 

 

時代の流れとしても、型にはめる教育ではなくなってきていますし、

個々の個性で、プログラムをカスタマイズし進めていき、

自分の得意なことを伸ばし、他者と交わること、が重要視されていくのではないかと思います。

 

 

はてさて、

来年は、どんな生徒さんたちが集まりますか。

 

とても楽しみです♪

 

 

写真は、ボリショイ劇場@モスクワ

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス