トリッピーの演劇クラスは、演技をするまで、基礎の時間が長いです | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

「こどもの心をゆたかに」

 

自分の気持ちに気づき、それを表出する。

他者の心のカギを開き、交流していく。

みのりゆたかな人生になりますように。

 

演劇クラスの小さい子たち。4歳から8歳の子たちが学んでいます。 

演技をするよりの、その前段階の事を学んでいます。

 自分の気持ちを言葉にすること。その練習!

 

 そして、周りの子と、自分の気持ちを共有します。受け入れられることもあれば、そうでないことも。

自分の思うようにはいかないことも、社会ではよくあること。 

自分の気持ちをコントロールすることも学びです。 

 

そして、 どうやって伝えたら、 相手に分かってもらえるか…。

その表現方法を試行錯誤していくことも、学びです。 

 

そんなことを、こどももやれるやり方で、トレーニングしていくのが、 

トリッピーの演劇クラスです。

 

演技はその次です。もっと後!

 

それにしても、良い表情してる!!

 

楽しんで、学んでる!!

 

 

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス