小学校受験の年長さんレッスン後、「光が見えてきた~!」とお母さんと一緒に喜ぶ。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

「子どもの心をゆたかに」

 

自分に自信を持ち、

自分で生きていける力を育てる、表現力教室トリッピーです。

 

さて、

だんだん、小学校受験の生徒さんの成長の姿が、

目に見えてきました。

 

 

当教室の場合は、詰め込み教育ではなく、

苦手な部分が、

「話せない」だったら、

その原因をアセスメントし、仮原因を仮定して、

それに対して、様々なアプローチ法をして、その苦手なことを改善していきます。

 

話せない場合でも、考えられることは

・自信がない

・語彙が足りない

・声帯がうまく鳴っていない

・頭の中で、フォルダ分けが出来ない

・文章にするまでに、頭の中で創るのに、時間がかかる

・文法が良く分かっていない

・知らない人が怖い

 

など、様々です。

 

ですので、レッスンで、何をすれば、効果的なのかな?この子にあうプログラムや

ことばがけって何だろう?

と、いつもレッスンでは、頭がフル回転なのです。

 

 

自信を付けなさい!って、

他教室さんで、言われましたが、どうしたらいいか分かりません…

という、親御さんもよくいらっしゃいます。

 

たいていは、評価は出来るけど、方法論まで教えてくれる人って、

なかなかいないと思います。

 

トリッピーの場合は、その方法論をちゃんと親御さんにお伝えし、

第3者の講師と、普段接している親御さんと、両脇から、子どもを良くしていきましょう!という、

考えて、教室運営をしています。

 

 

自信を付ける方法は、ざっくりとですが、

心理面からのアプローチをすることで、

自己肯定感が育っていきます。

スモールステップにしてあげることで、「あ、ぼく出来る」ってなりますしね。

 

方法はたくさんありますよ♪

 

このアセスメント力と、効果的なアプローチ法等を、たくさん持っているから、

トリッピーの子は、

詰め込み教育はせず、いつも笑いながら、

その子の自然体を出しつつも、礼儀作法もできてきます。

 

 

今日のレッスンでも、

「ついに、来ましたよー!」と、

レッスン後の面談で、お母さんと、ニッコリお話ができました。

 

これまでの蓄積ですねー!!!

 

と。

 

 

発音がダラダラしている、という悩みも、

舞台話法の発声プログラムを、子供用にしたのを練習しているので、

今では、他教室でも「滑舌がいいですね」と褒められるようになった!

と、教えて頂きました。

 

 

どうしても、目的から外れて、自分の好きなように絵を描いたり、答えを出したりするのも、

頭の中の整理整頓の練習を、

上手い質問誘導を練習していたり、それをお家でも毎日やって下さったおかげで、

今日は、目的から外れずに、1つのプログラムが出来ました!!!

ちゃんと、答えを導き出すための、考え方が分かってきたのだと思います。

 

しかも、

人の話が聞けない…と、困って入会されましたが、

今では、

私の話を聞いて、理解し、自分で回答するようになりました!!

すごい!

 

先週伝えた「なぜかと言うと」を入れて、理由を答えてね、と伝えたことも覚えていて、

その言い方で、

私の質問にも答えていた!!!

 

 

本当に成長して、感激です!!!

 

 

基本的には、楽しいレッスン60分なので、

子どもも機嫌が良いし、私も笑ってレッスンをしているので、

「絶対、こうしなさい」って、言葉は使わないで、

子どもたちが、本来の姿で、イキイキしたまま、

小学校受験をする姿勢に変化しています。

 

 

毎回、成長が見えたら、また次のステップの課題も見えるし、

ずっとずっと成長が続くのだな~と思うと、

こどもの可能性に、私も嬉しくなる。

 

 

本当に尊い仕事だな、と心から感じる日々です。

 

 

詰め込み、上からより、

私は、

楽しく、その子の個性を尊重したやり方を選びます。

 

 

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス