ロシア演劇と、スタニスラフスキーを学ぶ!大門の糧になる。ということは、生徒の糧になる。 | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

「子どもの心をゆたかに」

 

上からの教育ではなく、個々の多様性を感じ、その中で納得解をいかに見つけるか…
それが、今後の新しい時代に大切だと思い、

日々、子どもと大人たちに、「伝える」「感じる」レッスンをしております。

トリッピー表現力教室です。

 

 

 

さて、先日、

ロシア演劇研究、通訳、翻訳、早稲田大学、慶應大外語講師の、

安達紀子さんのお誘いを受け、

安達紀子さんの「ロシア演劇の今」という、勉強会に参加致しました。

 

私自身も、演劇集団円の女優として、

様々な仕事歴や、スタニスラフスキーシステムのワークショップにも参加したり、

演劇においては、

実際に演じる事が多かったのですが、

最近では、徐々に、座学の勉強や研究もしていきたい気持ちが高まっています。

 

なぜなら、

子どもや大人の表現力やコミュニケーション力を高めるためのプログラムに、

十分になり得るからです。

 

そもそも、セリフを言ったり、身体を動かす前に、

心を整えておかないと、

相手の様々なことを感じたり、見たり、聞いたりできないですし、

自分自身のことも、分からないままになってしまいます。

 

演劇をする前の

「自分」を整える、

自分とは何ぞや、

他者がそこに関わって来た際のこと、

 

それらは、

自問自答する、

哲学が必要になってくるので、

 

それって、人生で自分で生きていく際、必要な哲学と同じだと思うからです。

 

そんなことを、

演劇の中に見出している私としては、

トリッピーのレッスンプログラムを、自分で考えているので、

演劇をする前の、心の準備の部分は、トリッピーで行っている人間教育と似ていると思っています。

 

私自身は、

ここ最近、ロシアの演劇俳優教育システムである「スタニスラフスキーシステム」に傾倒しています。

 

古くから演劇を真面目にしている方であれば、

「いまさら!?」とか、「そうだよね、本質だもんね」と言われそうです。

 

若い人は、

そもそも、「それ何?聞いたことない」と言う子が多そうです。。。。

 

 

 

ハリウッドで、有名な名門、演劇学校の、アクターズスタジオも、

このスタニスラフスキーの流れを汲んでいるんですよね。

(スタニスラフスキーの孫弟子が、アクターズスタジオを作ったようです。今回の勉強会で聞きました。)

 

世界の色んな場所で、この体系だった演劇教育、スタニスラフスキーシステムは、

使われ、その土地の風土や人種によって、アレンジされ、

今でもなお進化をし続けている、

素晴らしい演劇教育の体系的システムなのです。

 

 

前置きが長くなりましたが、

今回は、

様々なスタニスラフスキーの教育本を翻訳してらっしゃる、安達さんから、

現在のロシア演劇と、

ロシアの演劇教育について、話を伺ってきました。

 

 

とにかく、

ロシアでは、俳優は国家資格のようで、、、、

俳優という職業は、プロ中のプロの職業です。

 

日本のように、アイドルから女優とか、美少女コンテストで優勝したから女優というのは、

全くなく、

小さい時から、俳優になるための何かしらの習い事などしていないと難しいようです。

 

 

演劇大学=劇団(劇場も、劇団が持っている)に所属するようなものらしく、

(なぜなら、劇団の演出家や有名な俳優が、大学の演劇先生になるからだそうです)

演劇大学の入学倍率は100倍!!

 

しかも、人気のある演出家が講師を務める大学になると、400倍にもなるそうです!!

 

私が演劇集団円の時は、

研究所を受験したのが200人。研究生になれたのは、60人。1年目は60人で学び、2年目になった時には、ふるい落としがあるので、26人。

そこから劇団に所属したのは4人です。

というと、、、、50倍。

 

まだまだ、全然ましですね。

 

うちの演劇集団円も、結構厳しい場所ですが、

ロシアでは、ガチの人しか、参加する資格がないようです。

本気!!!

 

 

 

しかも、演劇大学では、

とにかく、俳優のプロ中のプロを育てるための学校なので、

もちろん、「なんとなく~」みたいな奴はいないでしょう。

私も、研究所の時は、本気の殺気(笑)が立っていたような人間だったので、

絶対に女優になる!という想いで2年間、朝から晩まで、お芝居の事を考え、取り組んでいましたもんね。

 

そんな人たちが、ごろごろ、というか100%いるのが、

ロシアの演劇大学です。

 

大学では、

俳優に必要なスキル(演技、ステージムーブメント※身体表現、舞台話法は3大重要スキル!)、ダンス、歌唱(声楽)、フェンシング、器楽演奏、体操、水泳、外国語、演劇史(ロシア、海外)、歴史、文学史、美術史、音楽史、音楽理論、法律、現代美術論、哲学を学ぶんだそうです!!

 

演技はもちろんですが、

演劇だけではない、様々な他の芸術にも秀でているのが、俳優!

という考えがあるようで、上記のような科目があるそうです。

 

そして、

何より、人間教育も大切にしているとのことで、

上記の科目の根底には、「人間力」を育てることにも、注力して、教えてらっしゃるそうです。

 

 

確かに、スタニスラフスキーの俳優教育も、人間力!なんですよ。

 

ロシアの演劇大学では、もちろん、

このスタニスラフスキーシステムを使ってらっしゃるので、

理にかなってる!

 

 

実際の大学生たちの授業風景を動画で見せて頂きましたが、

めちゃめちゃうまいです。

「物になる」というテーマでしたが、

リュックサックになっていたり、車のパーツになっていたり、ペンギンになっていたり…

本当に、心の部分まで、「物」でした。

動きだけではなく、心から「なる」のが、スタニスラフスキーシステム!

 

動画を一瞬見ただけで、「ああ、本物だ…」と感じ取れました!

 

 

ここまでの俳優教育を受けているロシアの

プロの俳優って、どんなだ!?と思っていたら、

やはり、動画を見せていただきました。

 

 

主役の女性は、お人形さんのように姿かたちも美しく(※内面だけではなく、外見も美しくないといけないらしい)

ダンスも、バレエダンサーか?と思うくらいに、どの俳優も身体の動きが抜群ですし、

ピアノも弾いていたり、

言葉は分からなくても、表情を見ただけで、「ああ、こういう感情だな」と、

すぐに伝わってくる!!!

 

本当にすごかったです。

日本の俳優だと、演技だけ追及する、という感じか、広く浅く…になっている方が大半だと思いますが、、、

ロシアの俳優は、全部を深く学んでいます。

 

ロシアの俳優の定義として、

「プロというのは、何百回やっても、同じことができるのが、プロ。

1回だけ、ちゃんと出来るのは、才能。」

とのこと。

 

確かに!!

と、深くうなずく、私でした。

 

 

私自身、

20代の頃に、割とテレビや歌や舞台、声の仕事をまんべんなく頂いていたので、

バレエ、ダンス、歌、舞台話法(1音1音の発音、アーティキレーション)、演技に関しては、

勉強した方で、

日本の俳優の中でも、これでもまんべんなく出来る方です。

 

が!!

 

ロシアの俳優さんは、それ以上に、広く、そして、やり続ける!

本当に、すごいことだと思いました。

 

私も、まだまだ勉強が足りないし、

やり続けて、より上達させていきたいと思いました。

 

これらの技術が上がると、

子どもたちや、大人のレッスンにも、「本物」で上質なお手本を見せられ、

生徒さんも、情報が受け取りやすくなると思います。

 

やっぱり、いつも学び続け、探求し続けること、

人生においての「学び」は、

死ぬまで続くように感じた、今日この頃。

 

 

 

ということで、

スタニスラフスキーのワークショップを、

ロシアのセルゲイ・シェンタリンスキー先生(チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の俳優学科副科長。15年よりライキン舞台芸術大学に勤務。 )のもと、

広尾の多聞ホールで開催します。

 

 

これは、

私が実際に体験して、

本当に素晴らしく、価値のあるもので、

俳優に限らず、どの人にも体験して、

自分を見つめてほしい、と感じたので、

セルゲイ先生と通訳の安達紀子さんに、お願いして、

開催する運びとなりました!!

(もし、赤字になったら、私が立て替えればいいやーと思っております。それくらい、内容が良く、開催したい!と思いました)

 

こんなに素晴らしい愛のある時間を、外国の方を交えて、過ごせることは、

なかなかない機会だと思いますので、

ぜひぜひ、子どもだけではなく、

親御さんにも参加していただきたいです。

 

子どもとの関係性、ご主人との関係性、他者とのコミュニケーションや、関係作りに悩んでらっしゃる方には、

オススメです。

 

 

8月20日(月)15時30分~17時30分:こども(小学3年生~中学3年生)

8月21日(火)19時30分~21時30分:高校生以上~シニアもOK

 

参加費:こども5000円、大人7000円

 

場所は、広尾駅徒歩5分。多聞ホール。

 

ロシアで、トップ俳優を指導してらっしゃる、すごい先生が、

直接講師を務めて下さいますので、

この機会に、この料金で体験できることは、

本当にお得です。

 

 

会場を貸して下さった、多聞ホールさんと、セルゲイ先生と安達さんにも感謝です。

ありがとうございます。

 

 

お申し込みは、トリッピーHPのお問い合わせフォームより。

https://trippi-kids.com/apply/

 

 

皆さんの参加を、こころからお待ち申し上げております!

 

 

 

 

 

 

 

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。