舞台「ゴミが見える」子ども実行委員会、足あと①メンバーを募集しよう!協力者リストを作って、回る | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう

「子どもの心をゆたかに」

感性と表現力を磨く、自立を目標にしている表現力教室、トリッピーです。

 

さて、

3月31日のトリッピー発表会以降、

舞台「ゴミが見える」子ども実行委員会が、発足しております。

 

毎週日曜日のクラス時に、

どのように運営をしていくのか?の

運営のための、ブレスト会議が進行しております。

 

このプロジェクトは、

子どもの学びの場として、

子どもたち自身が、積極的に意見を出し合い、行動し、実現していくための

生きていく力を育てるためのプロジェクトです。

 

ですので、

私がブレスト会議の進行をすることもあったり、

大人の社会での運営はこんな感じ、という道すじを伝えることもありますが、

基本は、トリッピーキッズたちがどうしたいか、やってみたいことを、

優先しています。

 

 

という訳で、

これまでの方向性を、こちらに少しずつ書いていきます。

 

 

●決まったこと、「メンバーを募集すること」

 

ということで、

 

私の結婚式で司会をトリッピーキッズ4名にお願いしたので、

出席をした際に、

出席者のみなさんに、このプロジェクトの主旨を話して、

「協力者リスト」なるものに、

お名前やら、連絡先やらを記載していただきました。

 

 

この時も、

最初に、こんな感じで、話を組み立てて、説明をして、リストを出してみるといいよ、

とキッズたちに話をしました。

 

すると、

初対面の大人のみなさんに、個々それぞれ、協力者リストを持って周り、

30名くらいの協力者の方が、快く、連絡先を書いてくれました。

 

 

これにより、子どもたちの、やる気もアップ!

 

 

次につながる一歩を頂きました。

 

 

 

ちなみに、その協力者リストのみなさんには、

まだ何の連絡も出来ていないので、

もう少し運営方法や、何をお願いしたいか、具体的なことが分かったら、

連絡をさせて頂きたいと思います。

 

それも、キッズたちから連絡をしてもらおうと思います。

 

 

何でもかんでも、私がやる訳にはいかないので。

 

あくまでも、自分たちが公演をやりたいから、この努力をしている、というのが、

本筋ですから。

 

 

●「協力者リスト」は、こんな感じでした。

 

・プロジェクトの主旨

・協力者の方の名前など連絡先

・やって欲しいこと

 

を、それぞれ記載をしました。

 

これも、私が少しファシリテートすると、

あとは、キッズたちで、創作。

自分で考える力が大事!!!

 

そして、見やすいデザイン!!!

 

それらも、考える!!

 

思い思いの協力者リストができあがりました。

 

  

実際の社会で、見知らぬ大人と交流し、

協力を仰ぐ。

小学校、中学校、他のスクールではなかなか、体験できないこと。

 

それらを、面白いと思って、活動している、トリッピーキッズたちは、

さすがだと思います♪

 

よく育ってくれました!

 

 

 

 

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス