舞台「ゴミが見える」こども実行委員会、始動!! | トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

トリッピー表現力教室~自分で生きていく力~

これからの時代に必要な「生きる力」である、「感じる力」「考える力」「表現する力」を高める為のスクールです。知識や技術をためこむのではなく、それを使って他者とコミュニケーションできるお子様を育てます。激変する現代社会に通用する生きる力を、楽しく身につけよう


テーマ:

「こどもの心をゆたかに」

 

感性と表現力を磨き、

自分の気持ちに気づき、その思いを伝える心と技術を身につけるための

表現力お教室

トリッピーです!

 

今日は、昨日の、プチ発表会に出演していた、

演劇クラスのレッスンがありました!

 

毎回、一つのステージが終わると、

皆で、自分の自己分析をし、周りの状況や相手役の違いに気づくよう、

意見を共有し、いろんな視点から、1つの事象を考えられるように、

プログラムを立てています。

 

お芝居以外の気づきでも、もちろんOK!

 

自分の感度が高くなること、自己と他者の分析と評価が出来ることが、

目的です。

独りよがりにならないように、気を付けています。

 

 

その中で、「今後やってみたいこと。深ぼりしたいこと」に、

 

・お芝居を、子どもたちだけで一から作る!(公演?)

・今回の台本「ゴミが見える」(子供たちのアイデアが脚本になりました)の続編を作りたい

・今回は15分の芝居だったので、もっと長いお芝居にしたい

・セリフの掛け合いを、沢山やりたい

 

 

ということが出ました!!

 

 

子どもたちは、やる気満々!「やりたい」「楽しみ」という気持が沢山!

 

もちろん、中2の子からは「今までは、発表会だし、無料だったから、あのクオリティで良かったけど、

公演となると…」と、冷静な意見も出ます。

 

 

そこで、私も、

「そうだよ。だから、公演を自分たちで一からやるなら、色んな責任が自分たちに発生するから、

そこを分かった上でやらないと、ダメだよ。覚悟がないとやれないよ。」と、

話をしました。

 

 

それでも、やりたい!気持ちがあるようだったので、

「じゃ、やるか!」と、決めました。

 

 

ということで、

 

 

1年後くらいの長いスパンをかけて、

すべてを子どもたちだけで、作るという、お芝居「ゴミが見える」の公演を行います!!

 

その名も、

「ゴミが見える」子ども実行委員会(仮)※他に良い名前があれば、変わる可能性大。

 

 

 

なので、

これから、5歳~高校生までの子で、

俳優だけじゃなく、小道具を作ってみたい子、チラシを作りたい子、一緒に街に出て配りたい子、

制作スタッフなどなど…

やることはいっぱいなのですが、

そんなことをやってみたい子がいれば、トリッピーの生徒じゃなくても、

参加できますので、

ぜひぜひ、参加してください。

 

 

気になる方は、とりあえず、エントリーをしてください。

 

先ほど、「始動!」ということだけが決まったので、

詳細はこれから決めていきます!

むしろ、詳細も、子ども実行委員会で決めていいのかもしれませんね。

 

 

ということで、

とにかく、募集です。

 

 

トリッピーキッズのお問い合わせフォームから

 

「「ゴミが見える」子ども実行委員会のメンバー募集について」

 

と、題して、メールをお送りください。

 

 

  

 

  

 

 

トリッピ―表現力教室~自分で生きていく力を身につける~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス