tricot ‘the` ~ トリコテ ~  オフィシャルブログ


 tricot’the` ~ トリコテ ~  


トリコテ
とは ことばあそび。 フランス語の 
         tricot  トリコット = 編みもの 毛糸(ブルー)
          the`  テ      = お茶   紅茶
                          を掛け合わせた造語のようなもの

         お茶を楽しむように編み物を・・・という感覚です


フリーアナウンサー ・ knit designer  長久保 さとこ です

30歳をすぎたころ Parisの毛糸屋さんでその色の美しさに魅了されたのがきっかけでこの名前がつきました

編み物との出会いは6歳の時 祖母から教えてもらいました
日本手芸普及協会手編み指導員
2012年には早稲田大学大学院で心理と手芸についての研究をしました

40歳をすぎたころから 特に Shetland や Estonia の lace knitting が好きになり
年に数回 イギリスへ渡る生活を送るように…
2016年には1か月 Scotland ・ Shetland へ 編み物の旅に出かけ 現地の編み物にふれてきました

大学を卒業してから 5年間地元で局アナを務め、現在フリーアナウンサーをしています

編み物だけでなく 大好きなオートバイやお仕事なども のんびり更新していきます 







テーマ:
入院している子どもたちに本物のアートを!と様々なアーティストさんが活動するスマイリングホスピタルジャパン(以下SHJ)。私は「編み物作家 (時々アナウンサー)」(笑) 
先日、神奈川こども医療センターで活動してきました。

タイトルは「毛糸で何ができるかな?」
道具を使って編むだけではなくて、色んな遊びをしたいなと、はじめは「あかいいと」という絵本を読みながら、みんなで赤い糸で同じように色んなカタチを作ってみたりしました。

ねこちゃん、じょうずだね!!

毛糸の美しさ・肌触り・何ができるのな?というワクワク感をいっぱいに感じてほしくて、
カラフルな毛糸を沢山用意♪
病院によって人気の色が違ったりするのも面白いですね。

ポンポンにしようかなとも思いましたが、
もっと簡単な!

「タッセルアクセサリー」なんかもいいかな

どのくらいの人数が参加してくれて、
どんなお友だちがどんなことができるのか?!
わからないので、
とにかく色々できるように!準備準備♪

じゃーみんなで、タッセルアクセサリーを作ろうか!!まずは好きな色を選んでね~✨

もうここから目が✨キラキラ✨
本体部分・リボン部分・首にかける部分
と3色選びます。

手にぐるぐるぐるぐる巻いて~ヒモつけて~
結んで~ハサミで✂️チョキチョキと切る!

のですが、みんなそれぞれがんばります。
難しいところもお手伝いをしてもらったり、なんとかゆっくりクリアしながら
ようやく完成♪

2つ作ると可愛いね✨
ということで、
色違いや、あえて同じ色、など2つ作ったり、
お友達などへプレゼントに作ったりと、、、
楽しんでもらえたかなぁ。

ベッドサイドも訪問しました。
はじめはちょっと緊張していたみたいだけれど、おかあさんと共同作業♪
出来上がったら、

じゃーママの分も今度はつくってあげてもいいよ!色も選んであげるから!!

と照れながらももう1つ。

また必ず来るからね✨
次はまたちがうもの、作ろうね🎵
と約束しました。

うん。と小さくうなづいてくれたお友だち。
なんだかこちらもうれしくなりました。

1人で活動するのははじめてだったので、
色々な課題や反省も山積みですが、
みんなによろこんでもらえるよう、工夫しながらこれからすすめていきます。

詳しい活動の様子などはコチラも是非ご覧下さい。







テーマ:
昨夜は
第22回 手塚治虫 文化賞 贈呈式・記念イベント
がありました

今年は例年より大きい音楽ホールが会場。
出版社やテレビカメラも今年は特に沢山入るそうです。
一般招待客も多く

550人以上のかたがいらっしゃいます!
音楽ホールだから、響きもいつもとちがぁぁう(笑)
いつもと少し話し方を変えてしゃべりました。

大賞には 野田サトルさん
「ゴールデンカムイ」
新生賞には  板垣ぱるさん
「ビースターズ」
短編賞には 矢部太郎さん
「大家さんと僕」
そして 特別賞には ちばてつやさん
「ひねもすのたり日記」

ゴールデンカムイはここ数年ずっと最終候補まで残っていて、いつとるのかなぁ~と楽しみにしていた作品。
これはイッキに読んでしまいます!
まだ読んでいない方、オススメですよ。

今年は先生方のオリジナルイラストの会場限定ポストカードやクリアファイルが販売されて、
これがまた大人気!長蛇の列でした。

毎年、手塚プロダクションの制作で
「オリジナルピンバッチ」がいただけるのですが、これがガチャガチャで登場~
過去のバッチがどれか出てくる!ということで、こちらも人気でした。


式典あとの懇親会では、
受賞者や関係者、そのご友人などとワイワイ✨
矢部太郎さんの作品は、
「まるであたたかい飲み物を飲んだあとのようにほっこりします。」という里中満智子先生のお言葉通りの作品。
はじめの数ページで、もう続きが気になる作品です。
もうお笑いではなく、漫画家の道へどうぞ!と先生方に冗談で言われて、みんなでわらっていました。

大先生✨ちばてつや先生を囲んで…
矢部太郎さんのよしもとのお友達や俳優さんなど、沢山参加してくださいました。
豪華ですね~。

毎年、先生方の寄せ書きパネルもお願いしているのすが、

今年は皆さんにもサイン✒️をお願いし、
更に濃厚なパネルに(笑)なりました!

審査員を代表して選考経過を毎回報告してくださる里中満智子先生。
私が子どものころから沢山先生の作品を読んでいた、大好きな先生✨
この日のコメントもとても素敵でした。

漫画は、
時にドキドキワクワクしたり、
時に新しい知識や興味をもらえたり、
時に疲れた心やツラい気持ちをなぐさめてけれたり、、、
します。

今年の作品は例年にも増して、そんな気がします。
皆さんも是非、手にとって読んでみてくださいね💙



テーマ:
2017,6月Scotland→1月の初個展→から思いがけずお誘いを受けて動き始まった
aile' FanM(エレファン)とtricot' the の
コラボセーター
出来上がった私パート💙


Fall/Winter 2018-2019 Collection
展示会始まっています

デザイナーのまみこさんの今季のテーマは

『マリアージュ』

異素材のマリアージュ
異国のマリアージュ
私のデザインとまみこさんのデザインのマリアージュ。。。

まみこさんのデザインが加わりました。


Icelandic でありながら、若干アジアンテイストな柄と模様で。。。(白やオレンジを使い)
そして、
シリーズの1つである
「ファー」を着けたのもまみこさん流

スカートは、脱着可能です。
ワンピースのようにして着たり、
普通のセーターとして着たり、、、

私では思い付かないセーターに仕上がりました。
このあと、ファー以外のスカートも展開をかんがえているようです。

セーターの部分でいいますと、、、
デザインから色、模様、サイズなど随分と打ち合わせを重ね、
何度も納得がいかず(笑)やり直しをし、
完成しました。


模様と色のイメージを聞いて、
目数と合わせてパターンを選んでいきます。
スワッチ(試し編み)も沢山あみました。


ベースとなる色、
アジアンテイストのキナリが入って、
ポイントになるサシ色はどんなオレンジにするか。。
とはいえ、本場の icelandic wool の色も限られているので、組み合わせを考えます。

この組み合わせを考える作業もわたしは大好きです💙


腕をどうするの~??
これも色々考えました!


下 : 基本的ないわゆる「丸カーブ」の計算式を使ったカーブ。
上 : もうすこし、ポコン→キュッ  としたいかんじだったので、大きくカーブをつけて、緩やかに絞りました。

もちろん!上段のものを選択。


腕の部分にぼっこりとボリュームを出す袖は
エレファンのお得意デザイン♪
そこはハズセナイ!ということで、
この厚みの毛糸と可愛らしさのバランスを考えて、基本的計算方法とは違ったカーブが出来上がりました。

その方が可愛ければ!なんでもアリ(笑)


オレンジの入り具合でもイメージがずいぶん変わるし、何段何目入れるかでどこで減目するかも変わるので、この辺りが『キモ!!』(笑)
オレンジは、多すぎず少なすぎず~


最後の最後で迷ったのは襟。
ストライプがいいというまみこさん。
何色を何本どの辺りに入れる?
そもそも高さはどのくらい?
なに編みにする??

何パターンも編んでみて!決定しました。


オーダーを受けてからの完全ハンドメイドなので、限定枚数はほんとにわずか。

でもほんとにあたたかい icelandic wool の良さを手にとってみていただきたいです。

みてみたい!という方は上記の
aile'Fan までお問い合わせください。
(完全予約制です)
その他のまみこさんの秋冬物のお洋服が沢山ありますよ~

展示会の日程が過ぎても大歓迎だそうです。

何はともあれ、
私にとっては、なかなか体験できない素晴らしい機会をいただきました。

私のこだわりと、まみこさんのこだわりが
ぶつかり合って、交ざり溶けていく。。。

ホントに勉強になったなぁ~✨

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。