「警戒する・休む暇もない」を英語で言うと? | Tricolor Language
新型コロナウイルスに関する情報について

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。

 

 

都内の新型コロナウィルス感染者数が50人を切った日と思えば翌日には160人を超すなど、まだ予断を許さない状況で引き続き警戒する必要があります。

この「警戒する」を英語で言うと

 

「警戒する」=“stay/keep on your toes”

“your”(あなたの)と書きましたが、使う対象によって“his”や“our”などに変わります

 

例:

“It's not done yet. We still need to stay on our toes.”

「まだ終わっていません。我々は引き続き警戒する必要があります。」

 

“toes”(トウズ)とは「足の指(つま先)達」の事で、“on your toes”は「つま先立ち」という意味です。

普段は足裏全体で立っていますが、素早く反応する必要がある時はつま先立ちの方が俊敏に動けますよね?(テニス選手やサッカーのゴールキーパーが身構える時はつま先立ち)

そして警戒する時は何が起きても機敏に対応できる必要があり、“on your toes”を比ゆ的に使っています。

 

他には「休む暇もない」という意味でも使ったりします。

例えば子育て。

“子供の食事の準備をしている時に子供が泣いたからあやす為に子供に駆け寄る”

常に動き回って休む暇もありません。

休むには踵を下す必要がありますが、それすら出来ない。

なので“one your toes”が「休む暇もない」となるのです。

例:

“Kids keep me on my toes.”

「子供達は私に休む暇も与えてくれない。」

“Is your husband helping you?”

「旦那さんは手伝ってくれているの?」

“No.”

「いや。」

“Then, isn't your husband the one who's keeping on your toes?”

「それじゃ~あなたに休む暇を与えていないのは旦那さんじゃない?」

“True.”

「だね。」

 

関連記事:

「警戒を緩める・警戒する」を英語で言うと?

「注意喚起をする・危険を知らせる」を英語で言うと?

「〇〇に気を付けて」を英語で言うと?

子供が知らない人について行かないためのアメリカの教育

 

Have a wonderful morning