「食料品などの買い物・スーパーマーケットへの買い物」を英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。

 

 

休業要請やテレワークなどで繁華街の人出は少なくなっているみたいですが、その代わりに食料品などの買い物をする人で近所のスーパーマーケットが混んでいます。

その対策として小池都知事は買い物を3日に1回程度にしてほしいなどとお願いしました。

この「食料品などの買い物」を英語で言うと

 

「食料品などの買い物」“grocery shopping”グロゥサリー・ショッピング)

 

例:

“Please go grocery shopping every three days.”

「食料品などの買い物は3日おきに行くようにしてください。」

 

スーパーマーケットは食料品に限らず、トイレットペーパーや洗剤などの日用品も売っていますよね。

“grocery”(groceries)とは「食料品や日用品」の事です。

ですので「スーパーマーケットへ買い物」という言い方も出来ます。

食料品だけの買い物なら“food shopping”でも良いですが、食料品だけだろうが日用品も一緒に買おうが“grocery shopping”の方が一般的です。

 

関連記事:

「レジ袋」を英語で言うと?

「エコバッグ」を英語で言うと?

アメリカのスーパーマーケットにある特定の顧客用レジ

お得なスーパーマーケットのカード

あれば嬉しいアメリカの当たり前

「レシートいりませんか?」に見る日米文化の違い

 

Have a wonderful morning