「議論する・話し合う」を英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。

 

 

今日明日でG20大阪サミット2019がありますね。

首脳達が様々な事を議論するわけですが、この「議論する」を英語で言うと

 

「議論する」“discuss”(ディスカス

 

例:

“World leaders will discuss many issues.”

「世界の首脳達が多くの問題について議論する。」

 

「議論する」と聞くと堅苦しい印象を受けるかもしれません。

しかし「話し合う」とも訳せるので日常生活でも使ったり耳にする場面は出てきます。

 

例:

“I think we have to discuss about our plans for summer vacation.”

「私達の夏休みの予定について話し合わないといけないと思うんだけど。」

 

“‘talk about’と‘discuss’は何が違うの?”

“talk about”は「〇〇について話す」で、これだでは度合いまでは測れません。

軽く話しただけかもしれませんし、“discuss”並みに話し合ったかも可能性も。(例:「明日の予定について話す」、「米中間貿易戦争について話す」)

逆に“discuss”は「議論する」と訳せるように、それだけで深い話し合いがある事を意味します。

 

関連記事:

‘G20’の‘G’って何の略だかわかりますか?

「サミット」って日本語ではどんな意味?

「厳戒態勢」を英語で言うと?

「これまでのところで何か質問はありますか?」を英語で言うと?

Agree to disagree”(どうしても合意できない時の最終手段)

 

Have a wonderful morning