こんばんは、Jayです。



みなさんはハライチの澤部さんが出ているこのCMをご覧になった事ありますか?



澤部さんはタジタジでしたね(^_^;)

今夜はこの澤部さんが苦戦されていた「ミルク」(milk)の英語発音とコツをやります


残念ながら「ミルク」ではまず通じません。

その理由の一つは音節の数が違うから。(音節の数は母音の音の数)

「ミルク」の中に母音は3つ(イ・ウ・ウ)なので3音節。

一方英語の“milk”は1音節(イ)です。

他にも差はありますがそれは後ほど。


実際の発音に近いカタカナ表記

ミォク


日本語では「ル」ですが、どちらかと言うと「オ」の音に近いです。

“え~、さっき母音は‘イ’のみって言ったじゃん!”

そうですね、そこらへんも踏まえて詳しくコツを解説します。


milk”の発音

あまり口を横に広げずに「ミ」

日本語で「ミ」と言う時は口を横に広げますが、ここでは広げずに言いましょう。


「ミ」と言いながら口の形を母音の“オ”にしながら舌を少し上にあげる

あえて「オ」と言う必要もなければ、「ル」とも言いません。

口を母音の“オ”の形に変えながら舌を少し上げる事によって自然と“L”の音となります。


口はすぼめずに、ロウソクの火を「フッ」と吹き消す感じで「ク」

この「ク」と言う時に喉仏が震えていない事をご確認ください。



以上です。

それでは実際に発音をお聴きください。



いかがでしたでしょうか。

発音の練習をされたい方は私の動画、口の動きをご覧になりたい方は先ほどのCMマルコメ君風wをご覧ください。


ちなみに澤部さんは発音を直された後に「こだわるな~。メルク。」と仰いましたね。

澤部さん同様に“あれっ、「ミ」じゃなくて「メ」なの?”と感じられた方、よくネイティブの発音をお聴きになっているのでしょう。

ネイティブの中には「ミ」じゃなくて「メ」と発音している人もいます。

でも基本的には「ミ」の方が正しいです。


関連記事:

アメリカで売られている牛乳の種類

「紙パック」を英語で言うと?

Run out”(牛乳がなくなった時に使いましょう)

ハロウィーンコスチュームの成功例

サンタさんのために用意するもの”(アメリカはクリスマス・イヴの夜に…)


Have a wonderful evening


via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd