おはようございます、Jayです。



ワンちゃんを飼っているご家庭も多いかと思います。

日本語で犬の鳴き声は「ワンワン」ですね。

では英語で犬の鳴き声は


“woof woof”

“arf arf”

“ruff ruff”


日本語は「ワン」と“n”で終わっていますが、英語では“f”で終わっています。

たしかに“n”と言えば“n”ですし、“f”も少し混ざっているような時がありますね。


日本ではチワワなど小型犬の鳴き声も「ワンワン」ですか?

上記のは中型犬や大型犬の鳴き声です。

小型犬の鳴き声


“yap yap”

“yip yip”

“yelp yelp”


中間に多少の違いはあれど、どれも“y”で始まり“p”で終わっています。

今度小型犬が吠えている場面に遭遇したら上記の単語をイメージしながら聴いてみてください。

少しそう聴こえるかもしれません☆


ちなみに日本で“bow wow”と表記されているのを見掛けた事があります。

これも英語で使われているますが、どちらかと言うと子供向けの絵本に出てくるワンちゃんの鳴き声です。

あと、お父さんお母さんが赤ちゃんに向かって「あっ、ワンワンだよ。」と言ったりしますが、この「ワンワン」を英語で“bow wow”と言ったりします。


関連記事:

英語の犬のしつけ用語:基礎編

犬のオヤツ”(これを英語で言うと?)

‘duck’と‘dog’の発音の違いとコツ

犬の名前を変えた理由

「子猫」を英語で言うと?


Have a wonderful morning


via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd