おはようございます、Jayです。


みなさんも得意・不得意な事ってあるかと思います。

得意な事ならけっこう簡単に出来ますよね。

この「簡単に」を英語で言うと


“‘easy’ですって?”

おしい!!

“easy”は「簡単」で「簡単に」ではありません。


「簡単に」“easily”


例:

“Is it difficult?”

「これ難しい?」

“You can do it easily.”

「簡単に出来るよ。」


この答えを“easy”で表すと

“It's easy.”

「簡単だよ。」

となります。


英語で自分が話している事を相手に聴き取ってもらうために大事なのは「アクセント・音節」でしたね。(アクセントは強調する箇所、音節は母音の音の数)

それではこの“easily”はどうなのでしょうか?


eas・i・ly”のアクセントは出だし(太字部分)にあり、音節は3つです。

実際の発音に近いカタカナ表記:「イーザリー」

原則は上記にある通りですが、中には音節を2つにして言う人もいます。

音節2つバージョンのカタカナ表記:「イーズリー」(半角文字には母音の音なし)


関連記事:

「簡単」を英語で言うと?

お手柔らかに”(“easy”を使って表現できる)

「手を抜く」、英語で言うと?

英会話でまず気を付ける2つの事


Take it easy


via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd