“Starbucks”(スターバックス)の発音とコツ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


鳥取県にスタバが進出した事で全国の都道府県全てにスターバックスがあります。
今夜はその「スターバックス」Starbucks)の英語発音とコツをお届けします。

日本語発音では「スターバックス」の音節は5つですが、英語では2つのみ(Star・bucks)です。
つまり“Starbucks”と発音する時に聴こえる母音は2つ。(ア・ア)
そしてアクセントは出だしの“Star”にあります。

実際の発音に近いカタカナ表記:
スターrバックス」

↑“r”が入っているのは日本語で表せなかったので勘弁してくださいw
ちなみにイギリス英語ではこの“r”は必要ありません。
それでは音節毎に発音のコツを解説していきます。


スター」の発音
口はすぼめずに歯を閉じて、ロウソクの火を「フッ」と吹き消す感じで「ス」
「ス」と言う時は口をすぼめたくなりますが、ここではすぼめません。
また、「ス」と言う時に喉仏が震えていない事が大事です。

舌を上の歯の裏に当てて「ター」
「ター」と言いながら舌を反る。(これが“r”の発音を生みます)
舌を反る時に口内のどこにも触れないようにしてください。


バックス」の発音
口をややすぼめながら「バッ」
「バッ」と言い終わっても口は広がらないように注意しましょう。

口はすぼめずにロウソクの火を吹き消す感じで「クス」
これも先ほどと同じように喉仏が触れていない事をご確認ください。

以上をつなげると“Starbucks”となります。
それでは実際に発音をお聴きください。



いかがでしたでしょうか。
発音が似ていて違いがわからない英単語を募集 ~第9弾~”を現在募集しておりますので、ご応募いただければ今回のように発音付きでコツを解説させていただきます。

関連記事:
英会話でまず気を付ける2つの事
‘Vanilla’(バニラ)の発音
私のコーヒーのこだわり

Have a wonderful evening スタバ