こんばんは、Jayです。


今日は多くの所で桜の開花宣言がされましたね。
それにちなんで今夜は「桜の花」を意味する“cherry blossoms”の発音とコツをやります。
実際にお花見などで見掛ける桜の花はたくさんあるのであえて複数形の方の発音にしました。

その前になぜ英語では“cherry blossom”なのかを軽く復習です。
“cherry”(サクランボ・チェリー)+“blossom”(果樹の花)=桜の花

“cherry”の音節は“cher・ry”と2つで、“blossom”は“blos・som”とこれまた2つです。(音節の数は母音の音の数とお考えください)
アクセントは共に前半の“cher”と“blos”にあります。(アクセントは強く発音する箇所)

実際の発音に近いカタカナ表記
チェリー ブロッサムス」

では発音のコツを解説していきます。

チェ」の発音
口をすぼめて、歯を閉じてから「チェ」

リー」の発音
口をすぼめて舌を反ってから「リー」
「リー」と言っても舌が口内のどこにも触れないようにしてください。

ブロッ」の発音
口はすぼめずに、ロウソクの火を「フッ」と吹き消すように「ブ」
舌を上の歯の裏に当てて、口を母音の“ア”の形に持って行きながら「ロッ」

サムス」の発音
口をややすぼめがら「サ」
口をすぼめずに唇を一瞬閉じて開く
日本語の「ン」の発音と似ていて、「ン」と唇を閉じた直後に再び開く感じです。
口をすぼめずに歯を閉じて、ロウソクの火を吹き消す感じで「ス」

以上となります。
それでは実際に発音を聞いてみましょう。



いかがでしたか。
外国人とお花見のご予定がある方はぜひ使ってみてください。

関連記事:

「開花する」を英語で言うと?
花弁
お花見
‘Spring’(春)の発音とコツ

Have a wonderful evening 桜