“Sell”(売る)と“Sale”(セール)の発音の違いとコツ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


今夜は「売る」を意味する“sell”「セール・販売」を意味する“sale”の発音の違いとコツをやります。
非常に似ていますが、違うのは途中に“ィ”が入るか入らないかです。

実際の発音に近いカタカナ表記
sell”=「セォ
sale”=「セィォ

“sale”の「セィ」は、「言う」を意味する“say”と同じ発音です。
「ィ」が入ろうが入るまいがどちらも音節は1つです。(音節の数は母音の音の数とお考えください)
“sell”の母音は「エ」で、“s+エ+l”。
“sale”の母音はアルファベット読みの“a”(エィ)で、“s+エィ+l”
ではそれぞれの発音のコツを詳しく解説します。

sell”の発音
口をやや“イ”の形にして「セ」
「セ」と言ったらすぐに口の形を“オ”にする
この時に無理に「オ」と発する必要はなく、「セ」と言いいながら口を“オ”に変えれば必然と音も変わります。

sale”の発音
先ほどの「セォ」の真ん中に「ィ」を入れる
これまた不思議な事に「セ」と言った後に口をさらに横に広げて“イ”の形にすると自然と「ィ」になります。

以上です。
では実際に発音をお聴きください。



いかがでしたでしょうか、「ィ」は聴き取れましたか?
お役に立てたら幸いです。
ちなみに“発音の違い”ではないのですが、明日まで“発音が分からない英単語を募集”しておりますのでよろしければどうぞ。(ご応募はこの記事ではなく、←のタイトルをクリックした先の記事にお願いします)

関連記事:
‘bought’(買った)の発音とコツ
‘coupon’(クーポン)の発音とコツ
アメリカらしい値引き
買った服が直後にセール…
この時期(夏の終わり)にアメリカで行われているセール
Black Friday セールへ行ってみた

Have a wonderful evening カート