こんばんは、Jayです。


今回の大寒波でいろんな所で被害が出ていますが皆様はご無事でしょうか?
アメリカの東部にも大寒波が来たみたいですね。

東京もかなり冷え込んで最近の朝の気温はマイナスです。
とは言ってもボストン(及び近郊)に住んでいた時と比べると寒くはないはずなのですが、寒さに対して弱くなったように思います。
今夜は私が東京とボストンで何℃以上で空気の暖かさを感じるのかをお伝えします。

東京:10℃くらい
だいたい10℃くらいで空気や日差しの暖かさを感じ、13℃くらいになると着る物を1枚減らします。
10℃台後半になるとさらに着る物を減らすか半袖です。

ボストン:0℃以上
ボストンでは“最高気温ですら氷点下”というのが2週間ほど続く時があります。
2週間そんな感じで過ごして久しぶりに氷点下以上に行くと空気の暖かさを感じます。

前回ボストンに帰った時は冬で気温が氷点下でしたがあの肌に突き刺さる寒さが懐かしくて心地よかったです。(もちろん外に長居はしたくありませんがw)
ああ~、アメリカのピザや中華料理が食べたいw

関連記事:
「氷点下」を英語で言うと?
完全防備”(冬でも特に寒い時の私の格好)
寒さ対策:洋服編
ニューイングランド地方と訛り
-30℃強の世界とは
春の風物詩”(ボストンの春の風物詩とは)
℉(華氏)⇒℃(摂氏)への変換計算
「暖かくして過ごしてね」、英語で言うと?

Stay warm 暖炉