こんにちは、Jayです。


今日は応募いただいた“テニスの悩み”です。
ご質問の内容は「スポーツ系の習い事を一つさせたいと思うのですが、テニスは何歳から習わせるのがいいですか?」。

質問者様は“体力づくり”が目的との事でしたが、それだけが目的なら習い事をさせなくても“友達と公園で鬼ごっこをする”などで十分体力はつくと思います
子供が小さい時は体力以上に着目していただきたいのが「神経系」です。

中学や高校辺りで身長が伸びたり筋肉がついて大人の身体へ変わっていきます。
しかし神経系は小学校卒業までには大人と同じまで発達すると言われています。
ですので“体力”よりもまずは“神経系”を考えてあげてください。
この神経系を伸ばすにはいろんな事を経験させてあげる事が大切です。

では具体的にどうすればいいのか
日本のスポーツ事情(少年野球など)は1年を通して行っているので難しいかもしれませんが、もし環境や金銭面が許すなら1つのスポーツだけでなく多種多様な事をやらせてあげる事をオススメします
これは必ずしも習い事の必要はなく、公園などで一緒に鬼ごっこやバドミントンをするなどの遊びを通しても出来ます。

これらをする上で大事なのは「子供が楽しんでやる事」です。
子供は興味を持つ事は基本的に楽しみます。
そして出来るようになってくるとさらに楽しさは増していきます。
子供は親の所有物ではありませんが、“子供に試してもらいたいものがあるけど本人が興味なさそう”という事もあるでしょう。
そういう場合は上手く興味がそっちに持っていくようにしてあげてください。
あと、子供は大人ほど集中力が長時間続かないのでそこもご注意を。

関連記事:
テニスのお悩みを募集します2
アメリカン(?)空手
子供の吸収力に驚愕
‘No pain, no gain’ではなくて…
根性論

Have a great afternoon 子供