私の英語は“カナダ英語”? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんにちは、Jayです。


“アメリカ英語”や“イギリス英語”を聞いた事ある方もいらっしゃるかと思いますが、“カナダ英語”って聞いた事ありますか?
世界の英語圏は主にアメリカ英語かイギリス英語(系)です。
例えばオーストラリアはオーストラリア英語ですが、イギリス英語系と言えるでしょう。
ではアメリカのお隣さんであるカナダはどっちの英語?

カナダは両方の英語が混ざっています。
例えばアルファベットの読み方やスペルはイギリス英語であったりしますが、発音はかなりアメリカ英語に近いです。
あっあと、スピードをマイルではなくキロ表記などイギリスと同じのもあります。

そして私ごとですが、自分の英語で気付いた事があります。
それは“私の英語もカナダ英語のようにアメリカ英語とイギリス英語が混在している”という事。

基本的な発音はアメリカ英語ですが母音の発音はイギリス英語になっている時がたまにあります
例えば“tournament”(カタカナ表記:トーナメント)という単語。
イギリス英語では「トーナメントゥ」とカタカナ表記に近い母音の発音ですが、これがアメリカ英語では「ターナメントゥ」と「タ」に近いです。
私はこれをアメリカ英語の音で「トーナメント」と発音します。(アメリカもイギリスも中には「トゥーナメントゥ」と発音する人も)

理由を考えると、イギリスで生まれたので最初に入ってきた英語がイギリス英語。
その後アメリカに渡って(6歳)アメリカ英語に染まったけど耳にはイギリス英語の音が残っていた。
でも「安心してください、通じますよ」。(とにかく明るい安村さん風w)

イギリス人・アメリカ人共に私の英語を聞いても“アメリカ英語”として認識します。
おそらく母音の違いを感じてもそれは“アメリカの別の訛りなんだろうな”くらいなのでしょう。
ちなみに私が発音を発表する時は何回か録音して聴き比べるのですが、ボツになった物の中には“アメリカ南部訛り”(最初にアメリカで住んだのはテキサスなので)が理由のがありますw

関連記事:
辞書によって英語の発音表記が違う事がある
どっちの発音が正しいの?
アメリカ英語とイギリス英語の違いを体感してください
‘Let It Go’で聴く、アメリカ英語とイギリス英語の違い
イギリス人がアメリカで恥をかく時”(私がイギリス英語を喋ってアメリカで恥をかいた話)

Have a wonderful afternoon イギリス アメリカ