勇気を出してタバコをポイ捨てした人に「落としましたよ」と返してみた | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんにちは、Jayです。


“歩きスマホ”や“歩きタバコ”など、世の中には気を付けなければいけないマナーというものがありますね。
テレビを観ていた時に「車からのタバコのポイ捨てが許せない。出来るなら“落としましたよ”と空いた窓から投げ返したい。」と言ってる人がいました。
アメリカでもタバコのポイ捨てをする人はいて、後ろを走っていた私の車の“windshield”(フロントガラス)に当たってビックリした事が何回かあります。

話は変わって、私がこの前公園を歩いていた時でした。
前方には私と同じ方向に歩いている年配の方がいたのですが、その方がタバコのポイ捨てをしたのです!!
それだけでなく、落とした場所は草むら+火がついたままの状態。
“いやいやいや、火事になるかもしれないからこれはさすがにまずいでしょう”
テレビの事を思い出し、勇気を出して私はタバコをお返しする事を決意しました。

“しかしどうやって返そうか?”
さすがに投げ返すのは失礼なので手渡しでw
さらに火がついたまま手渡しして相手の方が火傷されたら元も子もないので火は消しました。(人生初のタバコの火消しw)

火を消してタバコを拾って男性に元に歩き寄って行く間にいろんな事が頭を過りました。
“本当にこんな事する人っているのかな?俺おかしい人じゃないかな?”などw
そして男性のそばまで行って、「すいませ~ん、落としましたよ。」と言ってタバコを差し出し、男性は驚いた様子で「あっ、ああ。」って感じで受け取ってくれました。

みなさんもポイ捨てとタバコの火の不始末は気を付けてくださいねアハハ
カリフォルニアの自然火災は有名ですが、たしかタバコが原因で火災になった事もあったと思います。
あと、私の学生時代の友達はお父さんを寝たばこが原因で亡くされています。

関連記事:
‘free smoking’と‘smoking free’
バリアフリー
成人式

Have a wonderful afternoon 昼