こんばんは、Jayです。


これを読んでくださっている皆様はこのような場面に出くわす事はないと思いますが、洋画やドラマなどで“「サンキュー」を言っていないのに相手がなぜか‘you're welcome’と言っている場面”を見掛けた事はありませんか?
今夜はこの謎を解説しますコナン

一言で言えば、「皮肉」です。

日本社会でもアメリカ社会でも、誰かに親切にされたら「ありがとう」(thank you)と言うのがマナーですね。
なのにその「ありがとう」を言わなかった相手に“「ありがとう」も言わないなんて失礼ね”と皮肉の意味を込めて“You're welcome.”と言うのです。

例えば、とある学生(A君)がカフェテリアで焼きそばパンを買いたかったけどお金が足りずに友達に「100円貸してくれない?」と頼みました。
友達は快く100円を貸したけど、A君は受け取ると何も言わずに小走りにカフェテリアへ向かって行きました。
その走り去っていく背中に対して“You're welcome!


このような皮肉を言う時は“you're welcome”もあります。
例えば思わぬ所で友達に会ったとします。
一般的には“Hey, how are you doing?”(おお~、元気?)と聞きますが、それもなしに“What are you doing here?”(ここで何やってんの?)と聞かれました。
この時の返事として“I'm doing good. Thanks for asking.”(まあまあだよ。聞いてくれてありがとう。)などと言ったりします。

これで事件(謎)解決w

関連記事:
皮肉

Have a wonderful evening 怪盗キッド