こんばんは、Jayです。


今夜は“want”(欲しい)と“won't”(will not)の発音のコツです。
一言で言うと短く言う(want)か長めに言う(won't)かです。
ではさっそく個別に見ていきましょう。

want”の発音
カタカナ表記では「ウォント」ですが基本的にはこれで足ります。
よりネイティブの発音に近づけるには「ト」を「トゥ」に変えるのですが、“口を「イ」の形で「トゥ」”と言いましょう。
「トゥ」ではなく「トゥ」と表記した理由は“want”は音節が一つだからです。
「トゥ」のままでは“tu”となり、“u”(母音)の音が入るために音節が2つになってしまいます。
喉仏に指を当てながら「トゥ」と言って、喉仏が震えていなければ出来ています。

実は↑こちらはイギリス英語よりの発音でした。
アメリカ英語は「ウォ」の発音が“「ワ」と「ウォ」の中間の音”です。
やり方としては“口を「ワ」の形で「ウォ」と発音”します。


won't”の発音
こちらのネイティブに近いカタカナ表記は「ウォゥントゥ」です。
そうです、“want”に比べて“小さい‘ゥ’”が入っていますね。
この“ゥ”が入っている事が重要で、ネイティブが聞き分けられる理由の一つです。

この「ウォゥントゥ」ですが、よりアメリカ英語です。
イギリス英語の方を発音したい方は、“口を「ウ」の形にしてあまり開かずに言う”です。
「ウォ」の母音は「オ」なので口を「オ」の形にしてしまいそうですが、それはアメリカ英語です。

“want”の時は短めに、“won't”の時は長めで「ゥ」を入れるとネイティブに聞き取ってもらいやすいです。



関連記事:
‘she’や‘sea’など似た発音の発表”(←ここで私の“want”と“won't”の発音が聴けます)
「ア」と「オ」の中間の発音”(“want”の「ウォ」のアメリカ英語)
英会話で欠かせない‘音節’
カタカナ英語の間違い探し

Have a wonderful evening 欲しい