“walk”と“work”の発音のコツ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


今夜は“walk”(歩く)と“work”(働く)の発音についてです。
カタカナで表すと「ウォーク」と「ワーク」で、違いは出だしだけというのがわかります。

“walk”の発音
日本語の「ウォーク」で基本的に足ります
これはどちらかと言うとイギリス英語です。
アメリカでは(イギリスのように)出だしが「ウォ」の人と、「ウォ」と「ワ」の中間の音の人がいます。
「ウォ」と「ワ」の間の発音をするには“「ウォ」と言う時に口を「ア」の形にする”です。
「ウォ」では口をすぼめると思いますが、すぼめずに「ア」と言う時のように口を広げてください。

“work”の発音
口をややすぼめたまま(「ウ」の形)あまり開かずに「ワーク」と言ってみてください
これでイギリス英語の“work”の完成ですパチパチ
これをアメリカ英語にしたければ“舌を反りながら「ワー」”と言ってください。

両方に共通する注意点
“walk”も“work”も音節は1つです。
「ウォーク」、「ワーク」をアルファベット表記にすると“wo-ku”、“wak-ku”と音節が2つとなりネイティブには聴き取りづらいです。
1本のロウソクを消す時や目の前にハエなどがいる時に「フッ」と息を吹きかけるかと思います。
この「フッ」の感じで「クッ」と言ってみてください。
もし喉が震えずに言えたら出来ています。(言う時に指2本ぐらいを喉に当ててください)

いかがでしょうか。
↓こちらが実際の発音です



関連記事:
‘she’や‘sea’など似た発音の発表”(←ここで私の“walk”と“work”の発音が聴けます)
「ア」と「オ」の中間の発音”(“walk”の“a”の部分)
出来れば応用が利いて便利な‘were’の発音”(“work”の“wor”の部分)
英会話で欠かせない‘音節’
喉を震わせないで発音
カタカナ英語の間違い探し

Have a wonderful evening 歩く 会社