「飛行機」は“airplane”だけではない | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


英語で「飛行機」って何て言いますか?
おそらくほとんどの方が“airplane”と答えるかと思います。
本当にそうでしょうか?にやり
焦らせてすいませんw
“airplane”で正解なのですが、実は他の単語もあります。

“airplane”「アメリカ英語」
発音:「エァプレィン」

“aeroplane”「イギリス英語」
発音:「ロプレィン」
“aero”=「空気・飛行」

違うのはこれだけではありません。
音節の数も変わってきます。
“air・plane”とアメリカのは2つ。
“aer・o・plane”とイギリスのは3つです。

後他には水上飛行機などもありますが、それはまた今度。
ああ~、また飛行機でどこか行きたい~w

関連記事:
フライト
de-”(飛行機を降りる)
待ち時間に読む感動ストーリー
期待を裏切りません! 前編”、“後編

Have a wonderful morning あふたーばーなー