英語の野球用語:「彼は強奪された」 | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんにちは、Jayです。


みなさん、野球はお好きですか?
メジャーリーグの中継を英語で聴くのも良いリスニングの勉強になりますよ。
↓以下の表現がたまにメジャーリーグの実況が言ったりするのですが、野球のどんな場面で使われてどんな意味なのか予想してみてください。

“He gets robbed.”
直訳:「彼は強奪された。」、「彼は強盗にあった」

んん~、穏やかではないですねえへへ…
どういう意味でしょうか?
実はこれ、「(守備の)好プレーに対しての表現」なのです。
と言っても、スーパープレーをした選手に対してではなく、打者に対して言っています
普通ならヒットやホームランのような良い当たりだったけど、スーパープレーによってその機会を奪われた。
↑「彼は強奪された。」
逆にスーパープレーをした選手を褒める時に“He robs!!”と言ったりします。

↓ホームランを奪ったプレーを集めた動画です
“5:30”あたりのプレーでボールをキャッチした後に実況が“Got it! ‘Nate McLouth’(選手名) robs it!”と言っています。


関連記事:
ボールボーイ・ガールのスーパープレー
アメリカは「パワー」で日本は「技術」の理由
Unwritten Rules

Have a great afternoon キャッチ