フォーチュンクッキー Top3 | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、“‘ポニーテールとシュシュ’が好きな”Jayです。


AKBが「恋するフォーチュンクッキー」という曲を出す(出した?)みたいですね。
今回は、それとは関係なく(すいません)、私がアメリカで体験したフォーチュンクッキーの事です。

アメリカの中華料理(たまに日本料理でも)を頼むと、必ず最後に“fortune cookie”なるものをもらえます。

Tricolor Language


ショウガ(ginger)風味の硬めのお菓子です。
画像のように、割ると中から占いが書かれた紙が出てきます。

99.99%はポジティブな事が書かれています。
ごくまれに(私は数年に1回ほど)そうじゃないフォーチュンクッキーがあります。

私が今までで“開けてびっくり、読んでビックリなフォーチュンクッキーTop3”を発表したいと思います!


第3位:白紙
え~っと、炙る必要があるんですかねメラメラ(T▽T;)+
それとも(私の苦手なw)“行間を読め!”ですかね。
どう読めばいんですかねw
“あなたの運を白紙撤回”?
“もう私(神)に言える事は全て行った。この先はあなた次第”?


第2位:入ってない
白紙よりヒドイw
おそらくこれが原因だと思う事:たまに“紙が2枚入っているフォーチュンクッキー”に出会った事があります。
きっと、私の運もその“2枚入り”の方へ譲渡されたんでしょうw


そして、栄えある第1位!!


第1位:“Your fortune has moved to someone else's fortune cookie”
訳:「あなたの運は、他の誰かのフォーチュンクッキーへ行ったでしょう」

マジか~。(´д`lll)
何百、何千とフォーチュンクッキーを開けたかわかりませんが、ネガティブな内容が書かれているのは、たったのこれ1回!!
(むしろ、こんな珍しい事に当たった事の方が幸運だったりしてw)



調べてみたら案外ネガティブな事が書いてあるフォーチュンクッキーがあるのがわかりました。
いくつかご紹介します。

“Some fortune cookies contain no fortune.”
いくつかのフォーチュンクッキーには運が入っていない。(私のに似てるw)

“You will receive a fortune.(cookie)”
あなたはフォーチュン(クッキー)を受け取るでしょう。(すでにもらっていますw)
receive a fortune=ラッキーな出来事が起こる

“You will be hungry again in one hour.”
あなたは1時間後にまたお腹が空くでしょう。(激しく運動した時の私ですw)

“Only listen to the fortune cookie; disregard all other fortune telling units.”
フォーチュンクッキーにだけ耳を傾けなさい。他の占いは一切信じてはいけません。

“You'll find no life lessons in a cooke.”
クッキーの中なんかに人生の教訓が入っているわけありません。

“It's about time I got out of that cookie.”
ああ~、やっと(クッキーの)外に出られた。



フォーチュンクッキーつながりでもう1つ。
私の好きな映画の1つに「フォーチュンクッキー」(原題:“Freaky Friday”)というのがあります。
娘(Lindsay Lohan)と母(Jamie Lee Curtis)が中華料理屋さんに行って、フォーチュンクッキーをきっかけに中身が入れ替わっていろいろと騒動があるコメディーです。
私の大好きな女優さんが出ています。
いえ、LindsayではなくJamieの方ですw
彼女の演技は面白いので好きです。

↓がその映画の予告です。(すいません、日本語版が見つかりませんでした)




もし興味を持たれましたら、ご覧ください。
母娘が入れ替わった後に、母(中身は娘)が若者言葉を喋って周りを困惑させる場面があるのですが、英語の若者言葉の勉強になりますよw

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Have a great day!