こんばんは、Jayです。


連日、イスラム国のニュースが流れてますね。
しかし、彼ら(イスラム教徒と名乗っていますが)と私が知っているイスラム教徒達はかけ離れています。
私が知っているイスラム教徒は、信仰心が厚くとても楽しい気さくな人ばかりです。
今夜はそのうちの一人と私の間に起きた出来事をご紹介します。

昔、クラスメイトに「ワリード」という男性がいました。(たしかサウジアラビア人)
彼はいつも冗談を言ったりしてみんなを笑わせてクラスの中心人物でした。

そんなユーモアのセンス溢れていつも笑っているワリードでしたが、しいて欠点を挙げるなら顔です。
イケメンなのですが、真顔が怖いえへへ…
“ハリウッド映画なら悪役適任”というぐらいw

そんなワリードと話をしている時に「俺の名前を漢字で書いてくれない?」とお願いをされて書くことに。
“怖い顔で悪役が似合いそうなワリード” ンー吹き出し

私が導きだしたワリードの名前、それは
「悪奴」

これを書いて彼に見せると、彼は嬉しそうにニコニコしながら「これどういう意味?」と聞いてきました。
私は一言“Bad guy”と答えると、一瞬にして彼の表情は一変
そこにあったのはいつもの笑顔ではありません。
真顔の悪役顔でもありません。
あれは、今まで見た事なかった“ショック”な顔ですがーん

私がもしタイムマシーンに乗って過去へ戻って人生をやり直せるならこの時ですかねw

関連記事:
本気の「ちょっと待った!」コール

Have a wonderful evening タイムマシン