絶対に○○時までに集合ね!! | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


「頭痛が痛い」と言うのは二重表現になるので、「頭が痛い」と言いますね。
「筋肉痛が痛い」と言うのも二重表現になるので、「筋肉が痛い」、、、なんか筋肉痛よりも深刻なケガをしていそう…w

本題です。
日本の公共交通機関ってめったに遅延せず、ほぼスケジュール通りに動いていますよね。(昨日の朝乗った電車が遅れていたw
これは世界的に見てすごい事です!!

時間厳守なのは公共交通機関だけでなく、日本人全体もそうです。
“5分前行動”、“10分前行動”という言葉があるように、日本人は時間に遅れる事がまずありません。

ですので、日本では「○○時集合ね。」と言う時に念を押す必要はあまりないかもしれないのですが、アメリカではビジネスとかでなければ日本人ほど守る人はいないので、「絶対に○○時までに集合ね!!」と念を押す必要がありますw

この「絶対に○○時までに集合ね!!」を英語で何と言うと思いますか
“え~、そんな長いのわからないよ~”とお思いの方、この記事のテーマをご覧ください。
「英単語」ですね。そうです、一単語だけで済むのです!!

「絶対に○○時までに集合ね」“○○ (o'clock) sharp”

例:
「電車が3時15分に出発するから、3時には集合ね。」
“The train leaves at 3:15, so let's meet at 3 sharp.”

関連記事:
英語で時間を伝える ~おまけ~

Have a relaxing morning 阪急8000系中間車  遅刻