こんばんは、Jayです。


群馬大病院で肝臓手術をされた8人が術後4カ月以内に死亡したとのニュースが最近流れております。
インフォームド・コンセント」があったかどうかが争点の一つになっているみたいです。
インフォームド・コンセントと聞いた事ある方もいると思いますが、そもそも「インフォームド・コンセント」って何でしょう

まずは“consent”(コンセント)。
日本語では電化製品のコードを壁に差し込む所にあるのをコンセントと言いますね。
しかし、この日本で使われているコンセントは和製英語であり英語ではまったく違う意味で使われています。
“consent”「同意・合意」
(関連記事:“コンセント”)

では次に「インフォームド」です。
英語にすると“informed”なのですが、日本でもよく使われている英語で似たようなのを見かけた事ありませんか?
そうです、“information”(インフォメーション)です。

“inform”の名詞形が“information”です。
(関連記事:“-tion”)
では“information”ってどんな意味ですか
そうです、「情報」ですね。

では、“inform”はどんな意味か予想できますか
inform”=「情報を与える

ですので、“informed consent”「情報を与えられた上での同意」という事になります。

良いことだけでなく、起こりうる危険も含まれた情報を与えられたかどうか。
その上で合意したかどうか。
それが「インフォームド・コンセント」となります。
次回出てきたらぜひ思い出してみてください。

Have a wonderful evening Skype