こんばんは、Jayです。


今日からまたお仕事の方、学校だった方、その他頑張った方、お疲れさまでした。
一日の最後にはご自宅に帰られると思いますが、そこは“house”(ハウス)ですか?それとも“home”(ホーム)ですか?

今夜は、“house”と“home”の違いについてです。

「ハウス」と答えられた方、正解です。
「ホーム」と答えられた方、これまた正解です。

“えっ、どういう事!?”

“house”は「家」全体を指しているので、「自分の家」も「トーマス君の家」もみんな“house”です。

“home”は「帰属意識のある場所」です。
ですので、「自分の家」はホームになりますが、「トーマス君の家」は(トーマス君とその家族意外には)“house”でしかありません。

あっ、仮に“奥さんを怒らせてしまって帰りづらい”と思っていてもホームという事は揺るぎませんのでw

“home”は家以外にも使う事は出来ます。
例えば、野球の「本拠地」を意味する“home ground”(ホームグラウンド)。

後は日本語で「地元」を「ホームタウン」(hometown)と言ったりしますね。
(関連記事:“local”)

Have a wonderful evening 夜。