Rain check | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


梅雨の中、いかがお過ごしでしょうか。
突然ですがみなさん、“rain check”と聞いた事ありますか

rain check”とは
みなさんがプロ野球などのイベントのチケットを持っていたとします。
しかしそれが雨天延期になりました。
それが再びが開催される時の引換券の事です。

他にはイベントに限らず、お店に行ったけどセール品が売り切れで、再入荷した時にセール価格で買えるチケットの事を言います。

なのですが、私が今朝書きたいのはそれだけではありません。
“rain check”はイベントやお店だけでなく、日常生活でも応用で使えるのです

例えば、誰かに誘われたけど都合が悪くて「また今度」と断る時ありますよね。
それを英語で言うと、

「また今度」“I'll take a rain check.”
「また今度にしてもらっていい?」“Could you take a rain check?”もしくは単に“Rain check?”


日本語の「また今度」は社交辞令が強いですよね。
しかし“rain check”は“本当にまた今度”の時です。(一部社交辞令の時あり)
ですので、もし完全にお断りするなら“I'm sorry, but I'll pass.”の方が無難です。
(私はまだ社交辞令かどうかの判断がつきませんw)

Have a great morning チケット