こんにちは、Jayです。


6月は結婚式が有名な季節ですね。
ですので、今日は素敵な愛の歌をお届けします。

“L-O-V-E” by Nat King Cole

一度はどこかで耳にした事あるかと思います。
「愛とは何か」を歌っているのですが、“LOVE”の1字ずつはそれぞれ何を表しているかを歌っています。

この曲を歌っている3人の曲を紹介させてください。

1人目:本家“Nat King Cole


何人かの男性歌手を聴いたのですが、私には彼を越える人はいなかったので紹介させていただきました。

2人目:“Bailey Pelkman


聴いた中で女性No.1です。
まずは少し微笑んだ表情が私の好み、というのもありますがw、伸びる時の声などが大好きです。
特に“0:40”過ぎの“Take my heart, but please don't break it.”と所で私の心は完全に持っていかれましたw

3人目:“Juliana”(歌は“1:40”あたりからです)


彼女の伸びている所の声が好きです。
歌うまでに彼女が説明したのですが、なぜウクレレで歌っているか聴き取れましたか?
スノーボードの事故で背中を骨折して、ベッド生活を余儀なくされていた彼女にとってギターは大き過ぎたので小さいウクレレをもらって練習したのだそうです。
そしてその時のサポートに対する感謝を伝えるた前に歌ったそうです。

歌詞は“こちら”です。

Have a L-O-V-E-L-Y afternoon らぶ2