強調したい時は“動詞を分解” | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


子供の時に母親が
「Jay、食べる前に手を洗いなさいよ~。」
「わかってるよ。」

~5分後~

「ちゃんと手を洗った?」
洗ったよ!!プンプン

このように、何かを強調したい時は“動詞を分解”しましょう
どういう事か?
「手を洗ったよ。」
“I washed my hands.”手洗い

強調したい時は動詞の“washed”を分解します
“washed”=“wash”+“○○”
“○○”は何ですか?
そうです、過去形の“did”ですね。

I DID wash my hands!!
特に“did”の部分を強調して言いましょう

次の例。
とある恋人同士の会話
「ね~、私の事愛してる?」
「愛してるよ。」
「本当に??」
「愛してるよ!!」

「愛してるよ」は
そうです、“I love you.”ですね
では、動詞の“love”を分解してみましょう。
えっ、“‘love’は現在形だから出来ない”って?
出来るのです。
“love”は現在形ですが、“do”が隠れています。

仮に、“He loves you.”の“loves”を分解せよ、と言われたら?
“love”と“does”に分けられますよね。
“he”ではなく“I”の動詞は“do”ですので、“do+love”になります。

愛してるよ!!」は
I DO love you!!
となります。
未来形の“will”でも可能です。

これは“am”などの「be動詞」にも同じ使い方が出来ます。(ただし、分解出来ないのでそのまま)
“Are you doing your job??”(ちゃんと仕事やってるの??)
I AM!!”「やってるよ!!コックリ

私の仕事はこれまでですw
Have a wonderful evening 星空