こんばんは、Jayです。

昨夜の“初心者・初級者編”に続き、「中級者編」です。


中級者の方は、知っている単語と“rhyme”(韻を踏む)する単語を見つけよう!!」です。

「“rhyme”ってなんだっけ?」という方は、“楽曲作成に欠かせない事”をご覧ください。


ではまず、「以下の単語と“rhyme”する単語をいくつ思いつくか」やってみてください。(まずは辞書を使わないで)

・portable(持ち運び可能)
・constructor(建設作業員)
・dentist(歯医者)

1個:十分“中級者”としてのスタートラインは切りました。後は“ゴール”に向かって2つ3つとその数を増やしていってください。
2~4個:素晴らしい!!ぜひ次は、上記以外の単語達でやってみてください。
5個以上:今夜は早めにお風呂に入りましょう☆w


“portable”を例に、“rhyme”する単語はどんなのがあるか書きだします。
・achievable
・forgivable
・agreeable
・original
・beautiful
・powerful

上記3つは、そうです“suffix”です。(という事は、必然的に“rhyme”している事になります)
“-able”は「可能」という意味ですので

achieve(達成)+able=達成可能
例:achievable goal=達成可能なゴール

fogive(許す)+able=許せる
例:forgivable mistake=許せる間違い
注:「忘れる」の“forget”と混合しないように。“unforgetable”=忘れられない

agree(同意、合意)+able=同意できる、合意可能
例:agreeable deal=同意できる取引(条件)


下記3つは、ただ単に“rhyme”している単語達です。

original=origin(始まり、起源)+al(「○○と繋がっている」というsuffix)=オリジナル、原形

beautiful=beauty(美)+ful(「○○でいっぱい」というsuffix)=美しい
注:“○○ful”は「○○の可能性がある」というsuffixとう意味の時もある。

powerful=power(力)+ful=力強い


もしお時間があれば、“constructor”と“dentist”も同様の事をやってみてください。


ジョークを言ったりする時に“rhyme”する単語を使ったりするので、覚えれば覚えるほど“言葉の引き出し”が広がり、より密なコミュニケーションがはかれます。


いかがでしたか、私の言っている事は“agreeable”でしたか?w

Good night!!