アメリカでのレストランの流れ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんにちは、Jayです。


今回はみなさんが、アメリカに行って知っておくと便利な「レストランの流れ」です。

1.入店

~カランコロンカラン~(喫茶店か!!w


2.人数およびタバコ確認(最近はほぼ全て禁煙席?)

グループの事をパーティと呼ぶ時もあるので混乱しないでくださいね。
“How many in your party?”(お客様は何名様ですか?)
「えっ、パーティー!?My birthday??」w


3.飲み物とappetizer(前菜)注文

いきなり「じゃ~、私はステーキをレアで」とフルコース注文するのではなくて、まずは飲み物とappetizerを注文します。
appetizerはサラダに限らず、手羽先などのおつまみ系もappetizerです。

もしチーズがお好きでしたら、私は"Mozaarella sticks"をお勧めします。
海老フライのような衣にモッツァレラチーズが入って、トマトソースに浸けて食べる。よだれが~w


4.店員さんが飲み物とappetizerを持ってくる→メインの注文


5.店員さんがメインを持ってくる。


6.5~10分くらいすると店員さんが“How's the food?”(料理はどう?)と聞きに来る。

この時にもし「もう少しステーキ焼いてくれる?」などのお願いがあれば堂々とお願いしましょう。
向こうは良いチップをもらうために頑張ってくれるでしょう。
遠慮する必要はありません。


7.店員さんがお皿を下げに来て、デザートを食べるか聞いてくる。


8.お会計をお願いする。

チップは基本15%と考えてください。(それ以下は失礼になります)
とても満足いくサービスを受けたら20%です。
基本はテーブルで払います。


9.笑顔と共にwお店を出る。


書きだすと9項目にもなりましたねw
美味しいアメリカ料理を楽しんで来てくださいね!!