「合格率」についての考え方 | 大阪の看護学校、看護予備校&関西の大学医学部受験予備校トライアルゼミ~心斎橋校~

大阪の看護学校、看護予備校&関西の大学医学部受験予備校トライアルゼミ~心斎橋校~

大阪の看護学校・看護予備校 看護大学、医学部受験予備校トライアルゼミは、看護専門学校や看護大学、医学部の受験を専門とする他の予備校と比べかなり安い料金で通って頂ける予備校です。

トライアルゼミでは、重複合格「合格率」の計算に入れておりません

 
重複合格入れた合格率は、「塾・予備校の実力」を反映したものではないと考えているからです。
 
塾・予備校業界において、これはかなり珍しい計算方法だと思います。
 
次の2つのケースを比べていただけますか。
 
 
<ケース①>
 
受験生10
そのうちの人が校合格(合格数は「×10」)
残りの人がすべて不合格
 
 → 合格のべ人数は10
 → 進学先を確保した人数は
 
・ 重複合格含める合格率は、
  10人合格/10人受験」なので100
 
・ 重複合格含めない合格率は、
  人合格/10人受験」なので20
 
<ケース②>
 
受験生10
そのうちの人が校合格(合格数は「×」)
人が校ずつ合格(合格数は「×」)
残り人が不合格
 
 → 合格のべ人数は人(
 → 進学先を確保した人数は人(
 
・ 重複合格含める合格率
  人合格/10人受験」なので90
 
・ 重複合格含めない合格率は、
  人合格/10人受験」なので80
 
 
いかがでしょうか。
 
重複合格含める合格率の場合、<ケース①>の方がよい数字になります。
 
しかし、この数字を塾・予備校の評価としてよいのでしょうか。
 
合格率は、塾・予備校選びにおける重要な考慮要素です。
 
一部の受験生の結果を過剰に評価して、すなわち、重複合格含めて「合格率」を計算して社会にアピールするのは、塾・予備校を探されている方の意図から外れていると思われます。

 

極端な話、重複合格含めて計算するならば、勉強が得意な人に協力してもらって進学するつもりのない学校を受験させるという方法でも「合格率」を高めることが可能だからです。

 

 

トライアルゼミでは、新たな人生をスタートしようとされている方も多く学ばれています。

 

そのため、新たな人生のスタートラインに立てるようになった人の割合だけ「合格率」に反映させるべきだと考えています。

 

したがいまして、上の例で言えば、<ケース②>の方が「しっかりと受験指導をした塾・予備校である」という考えに基づき、重複合格を含めず「合格率」を計算しております

 

 

実際に通ってみないと評価しにくい塾・予備校。

 

残念ながら、「受かるために通う」という気持ちをもっている人が「どれくらい合格に近づけるのか」を判断しにくい業界です。

 

不透明なところをなくし、少しでも受験生が将来設計をしやすいようにしたい。
 
このような思いから、トライアルゼミは、重複合格含めず「合格率」を計算することにこだわっています。
 

_________

 

看護医療系受験専門予備校トライアルゼミ

 

(公式サイト)

 

↓看護受験↓

https://trial-seminar.co/

開校以来5期連続、90%以上の合格率・進学率

 

↓医学部受験↓

https://medical.trial-seminar.co/

高1・2生対象の医学部予備校部門です

高1・2生を対象とする理由はこちら

 

(所在地)

〒542-0081

大阪市中央区南船場3丁目2-22 

おおきに南船場ビル9階

 

(Facebook)

https://www.facebook.com/trial.seminar

 

(Twitter)

https://twitter.com/trial_seminar

 

☆★☆★☆

 

「ロジカルノーツ - logical notes」もよろしくお願いします

 

トライアルゼミの講師(吉崎崇史&鈴木順一)による

大学入試改革についての勉強会です

 

英語4技能や論理的表現などについての

学習アドバイスもWEB上で無料公開中

 

(公式サイト)

https://www.logical-notes.com/

複数の記事がSmartNewsで紹介されました